いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

いちご

今年も熟したいちごを食べに 千葉まで小旅行。 空は青くとてもあったかくて最高の日。 いちごは甘かったー。

仲間っていいな

最近仕事が楽しい。 こういう感覚は久しぶり、 いや、初めてかもしれないなと思う。 仕事の内容が急に変わったわけではなく、 むしろ厳しい状況ではあるのだけれど、 でも楽しい。 その理由は、今一緒に働いているメンバー 全員のことが好きだなと 素直に思…

炎とともに・・・

昨日は節分。 節分にお参り。生まれて初めて経験した。 去年の夏から友人が「ありが旅」という面白い企画をたててくれて、 「今月はこの神社にお参りに行きましょう!」と誘ってくれる。 そして今日もその企画で「深川不動尊」へお参りに行った。 深川不動尊…

進むだろう、でも戦わない

こういうモヤッとした日は、 少しひとり時間を作って考える。 さっき、「自分との戦いだな」と書いたけれど、 戦いではないと思う。 続ける理由は「自分が自分でいるために」だ。 「こうした方がいい」と思っている気持ちを押さえつけて、 自分らしくいられ…

それでも進むか?

人の日常って、だいたいが毎日同じことの繰り返し。 でも、その繰り返しの中で、 「もっとこうしたら楽しくできるんじゃないか?」 とか 「効率的に時間を使えるのではないか?」 とか、そんな「改善」を考えて、 変わっていこうとすることが 生きること、生…

読書会という名の…

今日は今月2回目の満月。 「ブルームーン」というらしい。 英語の慣用句「once in a blue moon(非常に珍しい)」から来ていると言われているらしい。 そして皆既月食。 そんな日を無意識に選び、読書会を開催。 しかも今日は友と協力しての初開催。 いつも…

最善のサービスとは?

私はいつも迷うことがある。 自分の仕事の範疇外のことを頼まれたとき、 果たしてどこまでやればいいのか?ということだ。 「その時できることの最善を尽くす」 と思っているものの、 果たしてそれが本当によいのかどうか、 最善の範囲が、どこまで自分に任…

働く喜び

働く喜びってなんだろう? 人それぞれかもしれないけど、 私はそのひとつに 「自分でやりとげること」 ということがあると思う。 何度も何度も先輩に怒られて、 「こんなこと何の意味があるんだよ!」 と思いながら、 先輩に言われたように毎回やりなおして…

内側の味方 -ほんとうの味方の作り方-

どうも私の笑い声には特徴があるらしい。 「chiakiさんの笑い声を聞いていると 幸せになります!」 ということを、これまでに何度も言って頂いた。 そして今日も、初めてお会いした方に そう褒めて頂いた。 私は小さい出来事でもよく笑う。 以前笑い声を褒め…

結局きほんがちゃんとしている人がいい ‐ 僕の好きな男のタイプ ‐

最近、松浦弥太郎さんの本にはまっています。 そして、1月の読書会に「どうしても持っていきたい!」と思って この本を購入。 1月の読書会は、女子だけの会だったので、 みんなにも「おとこまえ」について聞いてみたいなと思ったから。 僕の好きな男のタイプ…

かっこいい大人女子

今日は、「お参り愛好会」というグループで新年会。 職種も働き方も全く違う5名が集まり、 仕事のこと、故郷のこと、 そして神社の話題であっという間の4時間。 パワフルなかっこいい大人女子、 そして聞き上手な先輩男性たちに囲まれて、 いろんな話を聞き…

小さくてもできる

会社の大小、職種で言い訳を作るのではなく、 まずはやってみることが必要だと思う。 町工場でも、工夫しているこんな風に素晴らしい会社がある。 町工場の全社員が年収600万円以上もらえる理由

ひたすら書く

最近1日10分でもいいのでやろうと思ってること。 字の練習。 集中するので 頭スッキリします。

働く場所が変わったら?を仮定する

昨日も書いた「働き方を変える」についての続き。 今の自分の仕事、 働く場所を変えたらどんなことが起きる? と考えてみた。 一番最初に考えたのは、人に会えなくなること。 私はできるだけ職場のメンバーと雑談しようって思っているタイプだし、 雑談で気…

全員揃った!

今朝、交通機関が混乱している中、 ほとんどのメンバーが通常通りに出社してくれた。 「あとから出社します」と言ってくれたメンバーは、 体調不良を押して来てくれようとしていた。 産まれた国、 年齢、 性別 が違うメンバーがいる私のグループ、 全員が大…

こういうときこそ場所を選ばない働き方を!

今たまたまこんな本を読んでいる。 「強いチームはオフィスを捨てる」 昨日と今日、関東は大雪にみまわれた。 こういう時こそ、 「場所を選ばない働き方!」 が必要だと強く思う。 昨日は電車が止まるかもしれない といって早めに帰宅の判断をした会社も多か…

今朝も多くの人が

今朝も多くの人が、 いやたぶんきっと昨日から多くの人が 頑張ってくれたおかげで、 いつも通りに出社ができそうです。 朝から雪かきしてくれているたくさんの人に感謝。

雪かき、どこまでやる?

だいぶ雪がやんだので、 せめて家の前だけでも…と思い、 雪かきスコップを持って外へ出てみた。 うわっ、想像以上に積もってるし。 でも、雪の日の夜って、 何だかほのかに明るくて幻想的。 などと思いながらせっせと雪かきしていると、 斜め前のおうちのお…

大雪の日に見た父の姿

想像以上にすごい雪だ。 横浜駅はどこにいっても人がいない。 通常通りに勤務してから横浜駅に行った私。 空いている横浜駅を楽しみたくて、 コーヒー飲んで本屋さんに行って。 と楽しんでからバス停へ。 あれ?ものすごい行列。 いつもの倍くらい人が並んで…

言うまでもないけど言いたいこと

友達に言うでもない、 家族に話すことでもない、 それでも誰かに聞いて欲しいことってある。 そういうことを話せる場所、 それが読書会という場所だと思う。 ただのおしゃべりでなく、 本としつもんで語り合う場は、 普段なかなか言えないことも、 さらりと…

ひとつの方向に向かうためのリーダーの役割

数年前、「グループ」というものを任せられた時、 メンバーをまとめることができずに諦めた。 もうこういう立場は嫌だと思った。 だけどどういうわけか、 また同じようなことを担当することになった。 そんな今、私がやっていること、 それは自分が楽しむこ…

読書女子会

「女子会」って言葉は、 もうすごく定着してるけれど、 さらに一歩進んで、 「読書女子会」っていうのがあってもいいんじゃないかって思う。 まさに今日は「読書女子会」を開催した。 持ち寄る本も、趣味も、仕事も違う4人が、 1冊の本を持ち寄って、 2時間…

病は気から

「病は気から」 と言われるが、ほんとにそうだと思う。 めちゃくちゃ疲れているが、 こういうときこそテンションを上げ気味でいかないと、 あっという間に菌にやられそうです。 それにしても、インフルエンザの感染力は恐ろしい。

苦しいときこそ周りを見る

自分に余裕があるときには思わないけれど、 自分に余裕がなくなってくると、 「何で私ばっかりこんなにたくさんやることがあるの!!」 と思い、 「こんな私を誰もねぎらってくれない!」 と思う。 でも、ふと考えた。 同じように誰かが頑張ってくれていると…

やっぱ体幹が大切 ‐ モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット ‐

去年までの「読書日記」を2018年からは「私の本棚」に変えて、 読んだ本について書いていこうと思います。 今年の1冊目はこれにしちゃいました。 モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット 佐久間 健一 姿勢矯正・ヨガ・ボルダリングで去年は体重維持で…

今年、そして来年。

今年の漢字 2017年も残り8時間。 昨日は暖かくて、「年末っぽくない」と思ってたけど 今日は一気に気温が下がって、朝は雪も降ったりして「年末っぽく」なってきた。 30日に友達と1年の振り返りをした。 「振り返り」というのも今年教えてもらったひとつのツ…

四季と神様 -日本の神様と楽しく生きる‐

今年最後に読んだ1冊はこの本です。 日本の神様と楽しく生きる 日々のご利益とともに 平藤喜久子 今年始めたことのひとつ、神社参り。 神社はお正月にいけばいいもの と思っていた私が毎月朔日参りをするようになり、 旅先で神社にお参りに行くようになるな…

褒められてもっとキレイになろう

昨日友達が企画した「おしゃべり会」というものに参加してきた。 ameblo.jp 好きなものを1品持ち寄って、ただただおしゃべりするという会。 最近いろいろなところでワークショップとか勉強会が開催されていて、 「目的」 ありきでそこに行くことがほとんどだ…

今の私の原点 しつもん読書会

年末しつもん読書会に参加しました 今日は、仕事の後に東京駅へ。 目的は「しつもん読書会参加」のため。 今日の読書会は、2年前私が初めて参加した読書会のファシリテーターさんが、 久しぶりに開催してくれる読書会。 ずいぶん前からすごく楽しみにしてい…

「人として」を考えさせられる本 ‐ 漫画 君たちはどう生きるか? ‐

久しぶりの読書日記はこの本です。 漫画 君たちはどう生きるか? 吉野 源三郎 この本、最近話題ですね。 どこの本屋さんに行っても、平台に置いてあるし、 売れている本としても紹介されています。 1937年に出版された原作が漫画化されたとのこと。 ですがこ…