いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

読書

自分の常識は相手の非常識かもしれない - わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か -

自分の常識は相手の非常識かもしれない 今日の読書日記はこの本です。 わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か 平田 オリザ 「なんで理解できないかな?」 「どうしてそういう行動するかな?」 誰もが一度は相手に対して感じたことがある感…

「ときめき」に囲まれてますか? - 人生がときめく片づけの魔法 -

「ときめき」に囲まれてますか? 今日の読書日記はこの本です。 人生がときめく片づけの魔法 近藤 麻里恵 「片づけ」と言えばこの方、 「こんまり」こと近藤麻理恵さんではないでしょうか。 以前はよくテレビに出ていたし、 片づけ・断捨離と言って思いつく…

「終わった後」に誰と繋がるか? - 終わった人 -

「終わった後」に誰と繋がるか? 今日の読書日記はこの本です。 終わった人 内館 牧子 一度目に本屋さんでこの本と出会った時には、 「いつかは自分も終わった人になるんだよな」と思いました。 次に私がこの本と会ったのは、 「大人の友情」をテーマにした…

朝昼晩に「ありがとう」と言ってみよう - ありがとうの神様 -

朝昼晩に「ありがとう」と言ってみよう 今日の読書日記はこの本です。 ありがとうの神様 小林正観 2日続けての小林正観さんの本をご紹介。 そして小林正観さんの本を読んだのはこれが3冊目。 正観さんの本を読んでいて何となく感じていたことがあります。 そ…

「誰と」が大切になる年齢 - ごえんの法則 -

「誰と」が大切になる年齢 今日の読書日記はこの本です。 ごえんの法則 小林正観 何の本を買うか、目的がないまま本屋さんにふらっといった時、 たまに「あっ」と思う本があります。 「あっ」思った本は、その時買わなくてもどうしても気になって 後で買うこ…

1巻より好き - 戻ってきたアミ 小さな宇宙人 -

1巻より好き 今日の読書日記はこの本です。 もどってきたアミ 小さな宇宙人 エンリケ・バリオス 「本の装丁って大切」ということは以前も書きましたが、 この本の装丁大好きです。 さくらももこさんのイラスト。 このストーリーにぴったりだと思います。 イ…

"美しく”というテーマを持って本を読む

"美しく”というテーマを持って本を読む 読書日記を書き出して、もうすぐ2年。 読書が習慣になってからは3年くらいでしょうか。 「どんな本を読むんですか?」 と聞かれても、 「いろいろです。」 という漠然としたことしか答えられませんでした。 その時、そ…

テーマを持って本を読む

先日の読書会のテーマを「友情」にして、 参加者の皆さんにはそのテーマに沿った本を選んできて頂きました。 私自身も本を探したのですが、 何度本屋さんに行ってもなかなか見つからず。 最後に選んだのは「終わった人」という小説。 それがなぜ友情と結び付…

シックとは、装いだけではない -フランス人は10着しか服をもたない2 今の家でもっとシックに暮らす方法 -

シックとは、装いだけではない 今日の読書日記はこの本です。 フランス人は10着しか服を持たない2 - 今の家でもっとシックに暮らす方法 - ジェニファー・L・スコット 「美しく」をテーマに本を読んでいることをBlogに書いていたら、 誕生日の友人がこの本を…

正観さんからの言葉が響いた - ありがとうの奇跡 -

正観さんからの言葉が響いた 今日の読書日記はこの本です。 ありがとうの奇跡 小林正観 最近読む本は「あ~、この本よかった!」と思える本ばかり。 読むと幸せになれる・優しくなれる、そして強くなれるから。 この本も、「あ~、読んでよかった」と思えま…

自分で決めた人生を最後まで楽しく生き抜いた人 - 生きるのが楽しくなる15の習慣 -

自分で決めた人生を最後まで楽しく生き抜いた人 今日の読書日記はこの本です。 生きるのが楽しくなる15の習慣 日野原 重明 この本を読んでまず思ったこと。 「あー、もっと早くに読んでおけばよかった」ということ。 以前から日野原先生の本は読みたいと思っ…

誰もが憧れる笑顔、その後ろにある強さ - オードリー・ヘップバーンの言葉 -

誰もが憧れる笑顔、その後ろにある強さ 今日の読書日記はこの本です。 オードリー・ヘップバーンの言葉 山口 路子 オードリー・ヘップバーン、とてもとても有名な人なのに、 今までつくづく写真すら見たことがなかった私。 でも、最近あることがきっかけで彼…

寝る前に読むと美しくなる本 - 美人の口ぐせ -

寝る前に読むと美しくなる本 今日の読書日記はこの本です。 美人の口ぐせ スティーブン・ヘインズ 寝る前にどんな本を読んでいるか? これって結構重要なことだそうです。 寝る前の何分か前に読んだ本のイメージや言葉は、 潜在意識に深く働きかけるそうなの…

なりたい自分になるには、なりたい自分の装いをする - 大人がキレイになれるおしゃれ教科書 -

なりたい自分になるには、なりたい自分の装いをする 今日の読書日記はこの本です。 大人がもっとキレイになれるおしゃれの教科書 柴崎 マイ この本は、「年齢でオシャレを諦めない!」というテーマの本。 本の中には、かわいくてキレイなイラストのページも…

たとえ話がわかりやすい - マインドフルな毎日へと導く108つの小話 -

たとえ話でわかりやすく説明 今日の読書日記はこの本です。 マインドフルな毎日へと導く108つの小話 アジャン・ブラム マインドフルに生きるとは、 今この瞬間に集中し、現実をあるがままに受け止めること。 ・・・と言われても、実際にはどんな心がけを持っ…

なぜかモテる男 -いろは匂へど 瀧羽麻子-

なぜかモテる男って・・・ 今日の読書日記はこの本です。 いろは匂へど 瀧羽麻子 本屋さんに行って本を買う理由。 それは、本の装丁を見て、直感的に選びたいから。 この本はまさに「目で見て直感で選んだ」本。 私は紫が好きで、自分の「色」も紫と思ってい…

持っているだけで幸せが寄ってきそう - 龍神のの力をいただく「神旅」のはじめ方 -

持っているだけで幸せが寄ってきそうな本 今日の読書日記はこの本です。 龍神のの力をいただく「神旅」のはじめ方 大杉 日香理 「きれい!!」と思わず言ってしまうほど素敵な装丁。 手にした時の触った感じもなんだかとってもいい。 大杉さんの「龍使いにな…

色で癒される本

表紙がカラフルなだけかと思ったら、 中もオールカラー。 見ているだけで嬉しい気持ちになった一冊。 持っているだけで幸せか寄ってきそう。 読書日記は明日…

短い文に力あり -多眼思考 -

よくも悪くもちきりん 今日の読者日記はこの本です。 多眼思考 ちきりん ちきりんのツイート300がまとめられた1冊。 ちきりんの考えを隠すことなく言葉にしていることが感じられます。 ちきりんの本、今まで何冊か読んで、 そのたびに思ったのは、 「よくも…

こんなにいいことがあるならやってみたいと思わせる1冊 - 世界のエリートはなぜ瞑想をするのか -

こんなにいいことがあるならやってみたい 今日の読書日記はこの本です。 世界のエリートはなぜ瞑想するのか? 渡邊 愛子 この本の装丁を見た時の最初のイメージは、 「エリートが実践している瞑想って、何か難しいものなんだろうか?」 ということでしたが、…

宇宙人が教えてくれる愛について - アミ 小さな宇宙人 -

優しい宇宙人が教えてくれる愛について 今日の読書日記はこの本です。 アミ 小さな宇宙人 エンリケ・バリオス 昨日書いた読書日記 「成功している人はなぜ神社に行くのか?」 の中に、こんなことが書いてありました。 本も神社です 本を両手に持つと、手から…

お参りビギナーのための1冊 - 成功している人はなぜ神社に行くのか? -

お参りビギナーのための1冊 今日の読書日記はこの本です。 成功している人はなぜ神社に行くのか? 八木 龍平 神社もお参りも、全く興味がなかった私が、 千年ノートと千年ノートを教えてくださった方に影響され、 朔日参りに行ったり、御朱印を頂いたりする…

本当に大切なものを大切にする -本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる-

以前から気になっていたこと 今日の読書日記はこの本です。 本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる 横田 真由子 (著) この本は、以前読んだこの本と同じ方が書かれています。 私は以前から「荷物を少なくしたい」と思いながらも、 ずっと…

質問に答えるときは、自分の気持ちではなく相手が何を求めてるかを一番に考える - 伝わる・揺さぶる!文章を書く -

伝えるとは相手の気持ちも考えること 今日の読者日記はこの本です。 伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田 ズーニ ズーニーさんの文章はなぜいつも こんなに納得させられるのだろう。 難しい言葉がないし、 例としてあげられていることも身近なことで とてもわ…

神社と成功の法則

千年ノートを始めて、神社に興味が出てきた。 ご朱印というものも、初めて頂いた。 でも、考えてみたら具合が悪くて家に閉じこもっていた頃、 相方に連れられて、 寒川神社とか、門前仲町とか、 あらゆるところにお願いに行っていた。 元気になってから相方…

思わず読んでしまう文章を作るのは楽じゃない - 名作コピーに学ぶ読ませる文書の書き方 -

思わず読んでしまう文章を作るのは楽じゃない 今日の読書日記はこの本です。 名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 鈴木 康之 ぼーっと電車に乗っている時はっとさせられる言葉とか、 ふと目にした看板の短い言葉は、 人にエネルギーをチャージする力を持っ…

考えて考えて考える - 人間は自分が考えているような人間になる -

考えていることが自分を導く 今日の読書日記はこの本です。 人間は自分が考えているような人間になる アール・ナイチンゲール 「幸せになるにはどうしたらいいか?」を考えていて、 今は「潜在意識」や「無意識」が気になるキーワード。 そしてこの本のタイ…

書くことは伝えたい強い気持ちがあるから ‐ あなたの話はなぜ「通じない」のか ‐

そうです、いつも気持ちが通じないのはなぜ? 今日の読書日記はこの本です。 あなたの話はなぜ「通じない」のか 山田ズーニー 先日久しぶりに、1時間ほど本屋でいろいろな本を見ていた時に このシンプルな表紙と、シンプルなタイトルに魅かれ買った本。 「な…

品格とは何か? - 品をあげる人がやっていること ‐

品って何だろう 今日の読書日記はこの本です。 品をあげる人がやっていること 斎藤一人 高津りえ 「品」って何でしょう。 この本の前書きにも書いてありましたが、 一時期「○○の品格」という本が流行りましたよね。 物事の本質的な価値を求める機運が高まり…

世界中の人の幸せを真剣に考える技術者 - 幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 -

幸せを真剣に考える技術者はかっこいい 今日の読書日記はこの本です。 幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 前野 隆司 「幸せをまじめに考えたことありますか?」 前野先生の本は3冊目ですが、 この本を読んで、前野先生がとても好きになりました。 なぜかと…