読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ブレックファースト読書会

しつもん読書会

今日は今年初のブレックファースト読書会に参加しました。

 

今日の読書会ではファシリテーターの方が決める課題図書があり、

参加者が同じ本を持ち寄ってしつもんに答えていく形で読書会を進めていきます。

(本は事前に読んでも読まなくてもOK)

先日参加した読書会と同じしつもん読書会なのですが、

ファシリテーターの方が違ったり、

課題図書のあるなしでも、

読書会は全く違うものになります。

 

さて、今日の課題図書は「心に響くことだけをやりなさい」でした。

心に響くことだけをやりなさい!

 

 

最近「古き良き本」を読んだいた私にとって、

この本はとてもわかりやすく読みやすく感じました。

武士道や葉隠は読んでいても「うーん…」と考えてしまうことが多く、

まだ自分の中の落ちてきていないのですが、

この本には具体的な例

(これをやったらこうなったよ等)がたくさん書かれていて、

読みやすいと感じました。

 

 

 

この本の中で、

私がキーワードだなと思ったのが、

後半に書かれていた

「自分だけではなくみんなのために」

という言葉でした。

前半は「自分」のパッション(情熱)が

何かを見つけるための

HOW TOが書かれていたのに、

終盤にきて「みんなのため」という言葉が

出てきて、やっぱり最後はここなのかな?

と思いました。

 

読書のすすめの店主清水さんも、

他の人を喜ばせるためという言葉を

本の中で何度も書かれていました。

 

この本の中でも、

本当のパッションはそういうところに

あるのではないでしょうか?

ということを投げ掛けてきている気がします。

 

今日は読書会の終わりに、

「理想の人生を生きているとき私は~だ。」

ということを10個書き出し、

さらにそれを大切な上位5つに絞るという

パッションテストをやりました。

文字にして見てみると、

あれとこれが繋がるなとか、

私はこれを大切にしているな

ということが見えてくるものなんだなと

改めて感じました。

文字だけでなく、画像、写真等を探して、

さらにそれを貼り出すことも、

自分の思う人生を生きるためには有効な方法だそうです。

このように書き出すことは

定期的にやることが効果的のようなので、

是非続けたいと思いました。