読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

読書日記「図解 葉隠 勤め人としての心意気」

2017年読書日記

その11

図解 葉隠  勤め人としての心意気

齋藤孝

 

図解 葉隠―勤め人としての心意気

 

この前別の本で葉隠を読んだ時に、

「死ぬ気でやるとはどういう意味か?」

というしつもんが浮かんだ。

 

死ぬという言葉が入っているので過激で、

そんな思いまでしてやることはないという

意見もあると思う。

 

でも今回齋藤先生が解説された

この本を読んだら、葉隠とは、今この時、

この瞬間を大切に生きなさい

ということが書かれているのではないか

と思った。

 

『毎朝毎夕、改めては死に改めては死に、

常住死身になりて居る時は、

武士道に自由を得、一生越度なく、

家職を仕果すべきなり』

 

死の覚悟とは、命をたって終わるという意味ではなく、

毎日その覚悟をもって過ごすという意味だと

齋藤先生は説明している。

 

本当に死の覚悟を持った人は、

肝がすわって何事も取り組める気がする。

 

私も一度は全てを諦めてから今があるので

もしかしたら自然とこういう気持ちが

心の中に生まれてるのかもしれない。