読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

「やめること」がねぎらうこと

やるべきか、やらざるべきか・・・

私は家ではぐたぐたとしています。

母親にもよく怒られます。

小学生のように「早くお風呂に入りなさい!!」とか・・・

 

でも、仕事ではわりとちゃきちゃきと働く方です。

仕事については、残っていることがあると何となく気持ちが悪いのです。

やるべきか、やらざるべきかを考えると、

「やってしまった方が早いよね」と思ってやってしまうのです。

 

いつの間にか疲れていました

  • 自分でやった方が気持ちがいい
  • 達成感がある
  • 困っている人がいれば助けたい

自分が気持ちよくいるためにやっていたはずなのに、

気づいたら自分のグラスがからからになっていた・・・

ということに気付いたのが、

先日参加させて頂いた兼重先生の講座でした。

 

chiaki-s.hatenablog.com

 

マイナスしていくことで、グラスは満たされていく

兼重先生は、

「自分をねぎらう方法、自分が何をすれば満たされるのか知っておきましょう」

とおっしゃられていました。

 

私は、自分を満たしたい時何をしていただろうと考えると、

  • ヨガをする
  • 甘いものを食べる
  • お酒を飲む

いずれも自分に取り入れるもの。

 

でも今日は、自分の思いを言葉にして、

行動することではなく、しないことを選択しました。

これは私にとっては結構勇気のいることでした。

だけど、マイナスしてみるとふっと楽になって、

自分が満たされた気がしました。

 

ねぎらうって私にとっては、「マイナスしていくこと」なのかもしれない・・・

と思ったら、こんな本たちが私の手元にいました。

 頑張らなくてもいいヒント、大好きな群さんからもらおう。。。


f:id:chiaki-s:20170130222253j:image