読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

読書日記「ネコと昼寝 -れんげ荘物語」

2017年読書日記

ネコと昼寝―れんげ荘物語

群ようこ

 

ネコと昼寝―れんげ荘物語



群さんの本の中で一番好きな「れんげ荘物語」。

第三弾が出版されたと知って、

すぐに本屋さんに行きました。

単行本だったけど、読まずにはいられない!

買ってしまいました。

 

 

月10万円で働かない暮らし

主人公「キョウコ」は都内の古くて壊れそうなアパートに暮らしています。

バリバリと働くキャリアウーマンだったのですが、

会社での理不尽さに耐え兼ね、

「死ぬまで働かずに、月に10万円で生活できる」ための資金を貯めて

会社を辞めました。

そして今はれんげ荘でのーんびり暮らしているのです。

 

どう生活していくか考えさせられるお話

バリバリ働き、洋服もバックも靴も好きなものを買っていたのに、

すべてを手放し、ミニマムな暮らしを選んだキョウコを見ていると、

何を大切にして生活していくのが自分にとって心地いいのか

いつも考えさせられます。

 

自分の求めた生活なのに・・・

ただこの第三弾では、自分で選択した道について

ちょっとゆらいでいるキョウコがいた気がします。

「働かない自分を周りが心配している」

自分では満足しているのに、

「やっぱり社会貢献しなくちゃ」とか

「家族に心配かけてるな」とか

ちょっと心のゆらぎが見えました。

 

みんなと違う生活をするって、

自分はそれが心地よく感じたとしても、

周囲は何かと気にかけてくれて、

そのことが自分にとって気にかかることになる・・・

 

これからはいろんな生活スタイルがあってもいいと思いますが、

まだまだそういうことが当たり前になるのは

先なのかな・・・と思ってしまいました。

 

そして第三弾は、大きな事件があってそのまま終わってしまったので、

早くも次回作品が楽しみです。