読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

読書日記「タルト・タタンの夢」

2017年読書日記

タルト・タタンの夢

近藤 史恵

 

タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)

 

小さなフランス料理のお店でおこるミステリー

食べ物が出てくる本をたまに読みたくなります。

(このフレーズ何度も書いているかもしれません。)

 

今回はフランス料理。

フランス料理はほとんどわからないので、

料理のメニューを読んでも想像がつかないのですが、

それでも美味しいそうだ・・・とイメージしてしまうのがすごい。

 

裏表紙に「ミステリー」と書かれていましたが、

この本のストーリーはちょっとほろっときてしまうものばかり。

 

  • 恋愛
  • 夫婦の関係
  • 親との関係

 

誰でも持っているであろうこういった悩みから起きた

不可解な出来事や事件を、

フランス料理のお店のシェフが料理と絡めて解決していく。

 

たくさんの人に読まれている本だけあって、

心があたためるいい本だなと思った。

 

ちょっと疲れているときに、

ひとりでゆっくりと読んでみると、

心がほっとあったかくなるような本だと思います。

 


f:id:chiaki-s:20170203225422j:image