読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

読書日記「ぬるい生活」

読書 本のご紹介

2017年読書日記

その18

ぬるい生活 群ようこ

 

ぬるい生活 (朝日文庫)

 

大好きな群さんのエッセイ集。

私はエッセイってほとんど読まないのですが、

これいいです!!

 

群さんはこういう方だから「れんげ荘」のような本を書けるんだなと

とってもとっても納得しました。

 

chiaki-s.hatenablog.com

 

 

この本は2003年、群さんが49歳の時に書かれたもの。

49歳と言えば、女性はいろいろなことが変わってくる時期。

その変化が隠すことなく書かれています。

 

「更年期」で自分も友達もその症状に悩まされているとか、

「老眼」で本が読みづらくなったとか。

自分が老いていく過程をひしひしと綴っているんだけど、

決して悲壮感漂う感じではなく、

「みんな迎えるものなんだから

ゆる~くいこうよ」

というメッセージを送ってくれているような気がしました。

 

そして私が一番印象に残ったのは、

「男性の更年期」という章。

「だから女はダメなんだ」と言っていた男性にも

同じように更年期というものが来るんですよ

という群さんからのちょっと皮肉なメッセージが

含まれている気がして

読みながら「ふふふ」と笑ってしまいました。

 

男性も女性も、老いは必ずくるもの。

思うようにいかないことも出てくるとは思うけど、

それを無理に隠したりするのではなく、

うまーく付き合って素敵な大人になりたいものだなと思いました。