読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ファシリテーターは白

ゆっくり考える日

今日は一日予定を入れず、

昨日一日学んだことを振り返り、

  • どんなご案内を出そうかな
  • どんな方々が来てくださったら嬉しいかな
  • いつものファシリテーターさんのご案内文ってどんなのだったかな

と整理しております。

 

とてもとてもありがたいことに、

読書会の場所を提供してくださる

という方がいらっしゃいまして、

もういろいろと考えずにまずはやろう!

と勇気が出ました。

 

普段何かを考えて言葉にしても、

いろいろな問題があってなかなか話が進まないことも多く、

諦めてしまうこともあります。

でも、少し別のところに目を向ければ、

「いいことはどんどんやろうよ」

と背中を押してくださる方がいらっしゃるんだと思いました。

本当にありがたいことだと思っています。

ありがとうございます。

 

色は何色?

f:id:chiaki-s:20170212140910j:plain

 

昨日ファシリテーターの役目ということで

blogを書きました。

 

chiaki-s.hatenablog.com

 

今日はファシリテーターって

「色に例えると何かな」

と考えてみたのですが、

「やっぱり白だな」

と思いました。

 

私の信頼するファシリテーターさんも

「白」のイメージなのです。

 

「無色透明」というのも思い浮かんだんですが、

「透明」ではない気がします。

だって、その方が透明で見えなかったら、

いつもあんな風に読書会が楽しいものにならないと思うからです。

 

私は今の自分を色にしたら、

他の色を塗りつぶしてしまうようなビビットな色だと思うんです。

自分がそういう色であることは、

自分の好きなところだし、

いいところだとも思っています。

 

でも、「ファシリテーター」として読書会を開催するときは、

すっと白い色になって、

皆さんが心地よい場づくりができたらいいなと思います。