読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

しつもん読書会で戻った自信

昨日のblogで

「以前は本のカバーが絶対だった」

という話を書きました。

 

 本で深まるご縁 - いつも心に太陽を~自分が自分でいるために

 

 

その理由は、

「自分の価値観に自信がなかったから」

なのではないかと思っているのですが、

ではどの辺りから変わったのかなと考えてみました。

 

やっぱりそこには

しつもん読書会があるな

と思います。

 

しつもん読書会のルールの中に、

  • どんな答えも全てOK
  • 答えを聞いたら拍手でいいね!

というのがあります。

このルールがあることで、

私にとって読書会の場は、

自分の気持ちを素直に話せる安心の場でした。

 

そして、そこに「本」があることで、

自分のことを直接話すのではなく

「本にこんなキーワードがあって、

そのキーワードについて○○と思う。」というように、

間接的に話すことができました。

 

「私はこう思います!こう考えます!」

と言えなくても本が助けてくれたわけです。

 

最後にもうひとつ、

参加者の皆さんがほんとにあったかかった。

読書会に参加してなかったら

お会いすることができないようないろいろな方が、

私の発言に対して笑顔で

「ちあきさん、すごいねー。いつも刺激されるよー」

とおっしゃってくださいました。

 

そういったことの積み重ねで、

諦めていた自分、

自分の価値観に自信が持てなかった自分が

少しづつ変わっていったんだと思います。

 

 

今日、ある方が

「何をしてもダメなんだと諦めてます。」

と私に話してくれました。

「私と同じじゃん」

と伝えたら「え?そうなんですか?」

と驚かれました。

 

私もある時期全てを諦めてました。

でも、読書会でお会いしたたくさんの方が、

私に勇気と自信をくださったので、

また頑張ってみよう!と思うことができました。

 

私に「諦めてる」と話してくれた彼に、

何かのきっかけを作れたらいいなと思っています。

 

しつもん読書会は、

自分の思考が変わるきっかけの場にしたい、

改めてそんな風に思いました。