読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

言いたいことがあるから書いている

今この本を読んでいます

「プロ文章論 上阪 徹」

 

書いて生きていく プロ文章論

 

プロになろうと思っているわけではないんですが、

最近「どうすれば伝わるだろう」というこだわりが出てきて、

「書く」ということについて書かれている本を

続けて読んでいます。

 

この本はライターという仕事をしている

上阪さんという方が書いている本です。

 

「読んでもらうために書く」という想いがすごくわかる本だと思いました。

 

聞いて欲しいから書いている

blogを書き始めた頃、

「誰も読んでくれなくても自分の想いが書ける場所があればいい」

と思っていましたが、

やっぱりどれくらい読まれているのかな

というのはどうしても気になるところ。

そういう気持ちは何だか卑しい気がして

自分でも気づかないように抑えていたような気がします。

 

でもこの本の中で上阪さんは

「何か伝えたいことがあるから書いているはず」

と書かれていました。

 

ああ、そうだな、

何かを伝えたいから書いているんだな

とその言葉をすっと受け止めることができました。

 

書くってすごくパワーがいることですが、

それをやろうって思って続けているのは、

自分の中で伝えたいことがあるからだと思います。

 

私の伝えたい事・・・

改めて考えてみると何だろう・・・

「どんなことがあっても、必ず道は開ける」

ということでしょうか。

 

「全てを諦めて、頑張ることも将来のことも

何も考えられない時期があった私でも、

今こうやって毎日を笑って過ごせている。

自分らしくてって考えると、案外いろいろなことが

うまく動いていくもの」

ということをお伝えしたいと思っています。

 

今日のまとめ

昨日のblogでも書きましたが、

「伝える努力をしているか?」

これは日々自分に問いかけたいこと。

 

自分の気持ちを紙に書いてみる

思い浮かんだ単語でも書いてみる

そんな小さなことを続けているうちに、

自分が伝えたい事が見えてくる

そんなことを思いました。

 

chiaki-s.hatenablog.com