読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

早く帰るにはお互い協力

ワークライフバランスは必須

先週の金曜日のプレミアムフライデー

導入された会社は少ないようですが、

「新しい働き方」というキーワードはこの週末に

ニュースで何度か耳にしました。

 

実際に15時退社を体験した方のインタビューを聞くと、

「いつもは家に帰って倒れるように寝ているけれど、

心に余裕ができました。」

という声が聞こえてきました。

 

それとは逆に、「なかなか導入には至らない」

という声も聞こえましたが、

日本は今「人口オーナス期」にきているので、

悠長なことは言っていられないと思うのです。

 

chiaki-s.hatenablog.com

 

※私が参加したこの「ワークライフバランス」の勉強会が再開催されます。

https://www.facebook.com/events/1860779607469179/

 

早く帰るためにはどうすればいいか?

みんながプライベートも大切にできる時間を作るためには、

「仕事の生産性をあげること」

を考える必要があると思います。

 

でも、「生産性をあげる」って

ひとりでは限界があるのではないか?と思うのです。

 

自分が手一杯だったら

「ちょっとお願いしてもいい?」

と躊躇することなくお願いできる仲間がいること。

お願いされたら、

「もちろん、大丈夫!」

と笑顔で受けられる余裕があること。

  • 個人での自立
  • お互いにお互いを尊重すること

こういったことが、

生産性を上げるためには必須ではないかと思っています。

 

 

ねぎらいについて学びます

「お互いにお互いを尊重する気持ち」

これは「ねぎらい」だと思うのです。

 

私は、ねぎらいについて本気で考えている先生に出会って、

「まずは自分をねぎらえなければ、

家族にも、仲間に対してもねぎらう気持ちなんて持てない。」

と思いました。

 

私はこの先生のもと、ねぎらいについて学ぶことにしました。

negiraigaku.com

 

自分も、自分の周りにいる人も、

より豊かに生きていけるように、

しっかり学んでこようと思っています。

 

f:id:chiaki-s:20170226193817j:plain

 

 

============================

<ご案内>

「しつもん読書会」開催します。

禅カフェ読書会 2017年3月16日(神奈川県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)