読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

その一瞬の判断は正しいか?

読書 本のご紹介

直感はありか、なしか?

先日「選択の科学」という本を読み、

こんなしつもんが浮かびました。

「あなたはどうしても決められない時、

何を頼りに最終決定をしますか?」

 

私の答えは

「直感」

 

自分で答えておきながら

「直感っていい加減じゃない?」

と思ったのですが、

その「直感」についても「選択の科学」に書かれていて、

さらに「直感」について書かれた本がある

と書いてあったので早速読んでみました。

 

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

マルコム・グラッドウェル

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

 

 

そもそも直感ってなにか?

直感っていったい何なのか?

最初の章でこんなことが書かれていました。

さまざまな状況や行動パターンを、

ごく断片的な観察から読み取って、

瞬間的かつ無意識のうちに認識する能力のこと

 

これはどういうことか。

例えば相手の行動を1コマ1コマ細切れにし、

その1コマについて

  • 「怒っている」
  • 「呆れている」
  • 「喜んでいる」
  • 「悲しんでいる」

というふうに認識しているということだそうです。

このように認識していくと

人の行動は膨大な情報になるため、

どうでもいい情報は捨てて

大切な情報に集中し判断する

これが人間の「直感」だそうです。

 

こういったことを無意識にしている

人間の頭はすごいです。

 

 

直感を信じてはいけないときがある

初めて会った人をどんな人と判断するか?

これも直感で決めていることが多いと思います。

 

ここで働く直感、人に対するイメージは、

かなりの偏りがあるそうです。

  • 住んでいる国
  • 肌の色
  • 体型
  • 着ている洋服

その人がどういう人かを決める時、

こういうことって関係ないはずなのに、

人は潜在意識にあるキーワードで人を判断しているとのこと。

 

これはどういうことを意味するのかというと

間違った見方をしている

ということだと思います。

  • お店に入ってきたあの人は買ってくれない
  • この人はきっとこの仕事はできない

それは本当に正しい判断か?

疑うことも必要だと思いました。

 

 

得意なことは研ぎ澄まされる

人は自分の得意なこと、

いつも気にかけていることに関しては、

経験と情熱で第一印象の質を高めていける

 そうです。

ということは、好きなことについては

自分の直感を信じていい、

でも苦手なこと、興味のない判断をする時は

ちょっと自分を疑った方がいいのかもしれないと思いました。

 

 

コミュニケーションで大切なこと

人と話すときにも、

無意識に直感を働かせているそうです。

 

本当はどう思っているか?

 

これをできるだけ正しく判断するためには

相手の表情をしっかり見ること

だそうです。

 

人の顔は、様々な表情がある。

その表情をよーく見てみると、

「心が読める」

ようになるようです。

 

 

まとめ

自分が考えている以上に、

日常のあらゆるところで人は直感で判断しているんだと

思いました。

  • 直感に頼っていい時
  • 頼らない方がいい時

があると知りました。

この判断でよかった!!

と自分が納得できる判断ができることが

心の健康にも繋がっていくのかなと思いました。

 

========================================

しつもん読書会を開催します

禅カフェ読書会 2017年3月16日(神奈川県) - こくちーずプロ(告知'sプロ)