読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

料理と推理で癒す

読書日記  ヴァン・ショーをあなたに 

以前読んだ

タルト・タタンの夢の続編

読書日記「タルト・タタンの夢」 - いつも心に太陽を~自分が自分でいるために

 

近藤 史恵
ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)

ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)

 

下町の小さなフランス料理のお店を舞台に、

三舟シェフが料理と推理で人を癒す。

 

前作同様、

今回も読んでいると、

食欲を刺激する表現ばかり。

料理は目で見て、口にしてから

感じるものだから、

文字だけでお料理をイメージさせる表現って

凄いなと思いました。

 

 

今回は後半のお話がよかった。

特に「氷姫」

せつないという言葉がぴったりのストーリー。

 

 

最近ガツガツとビジネス本、

自己啓発本を読むことが多かったから、

こういう本を読んで、

感情に浸るのは久しぶり。

心にしみてせつなかった…

 

 

たまにはこういう本を読むのって

やっばりいいな。

何か知識を得ようとか、

思考先行の読書ではなく、

ただただ

このお料理美味しそうだとか

せつないなぁとか

感情に浸るのも必要って思いました。