読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

自分と向き合うとは何か?

自分と向き合うとは・・・

先日開催した読書会の冒頭

「自分と向き合う時間にして頂けたら嬉しい」

とご挨拶したのですが、

その後考えました。

 

自分と向き合うってなんだろう?

よくよく考えてみると何が向かい合っていて

何が向かい合っていないのか。

この問いに自分で答えを考えてみました。

 

f:id:chiaki-s:20170318083353j:plain

 

思考が優先しているとき

考えて考えて考え抜いている時、

これは向き合っているように思えますが、

実際はどうなんでしょうか?

思考が優先している時って、

自分がどうしたいか?より、

自分ってどう思われたいか?

が強くなっている気がします。

 

あとは、物事の良し悪しばっかり優先して、

こうあるべきとかこうするべきとか

そんなことが優先して、

自分の心の声は聞いていない状態のような気がします。

 

 

感覚を大切にする

先日のねぎらいアカデミーの講座の中で、

先生がおっしゃった

「感覚」

のお話し。

五感を働かせて感じること。

  • 窓をあけて、あー気持ちいい
  • 空気が変わったな
  • 雨の匂いがする
  • このいちごあまーい

こういうことって、人間の本能というか

いちいち頭で考えていないで

「感じる」

こと。

向き合うってこういう「感覚」から

  • 今自分が本当にやりたいのはこんなこと
  • 今自分はこんなことに向かい合っている

という心の声をちゃんと聞く

ってことなのかなと思いました。

 

f:id:chiaki-s:20170318083414j:plain

 

情報が多すぎて、

やることも多すぎて、

感覚は鈍りがちだけど、

1日のうちの少しの時間だけでも、

本当の心の声を聞く時間にしたいものです。