読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

私の価値を語れるか

春は異動の季節

気づけば3月も残り10日。

東京では桜の開花宣言があり、

もうほんとに春なんですね。

 

さて…

春と言えば、人事異動の季節です。

短期雇用の私は、

異動というものはありませんが、

「契約更新」

なるものがあります。

f:id:chiaki-s:20170322193337j:image

 

何をどう言われるかわからない契約更新。

やっぱりドキドキです。

自分としては、

  • お客様のため
  • 組織のため
  • チームのため

と、日々働いているつもりですが、

自分の頑張りと会社の評価は

やっぱり違います。

 

 

評価って何だろう

横浜・F・マリノスの中澤選手の

この前の契約更新。

怪我もせず連続で試合に出ていたのに、

提示された年俸は、

確か半分くらいだったはず。

 
f:id:chiaki-s:20170322193352j:image

 

あのとき思いました。

組織の中の自分って

何のためにいるんだろうか?

と…

 

チームにとって中澤選手の存在が大きいのは

誰が見ても明らかなのに、

組織からの評価は違う。

 

じゃあ、どうすれば評価されるのか?

 

私の場合もっと大切なことは

自分はどんな評価をして欲しいのか?

を、きちんと言葉にできることかもしれない

と思いました。

 

 

自分の価値を語れること

自分の価値ってなんだろうなと思います。


f:id:chiaki-s:20170322193208j:image

そして、

自分の何を理解し評価してもらえれば、

毎日意欲的に、前向きに働けるのか。

契約更新を前に、

そんなことを考えています。

 

私は長く短期雇用で働いていて、

恐らくこの先もこういった働き方を

続けると思います。 

というよりも、

これからの働き方はこれまでのように

一ヶ所にとどまるのではなく、

自分の価値をいろいろな場所でアピールし、

いろいろな場で働くことが必要に

なってくると思います。

 

「評価してもらえない」

と嘆く前に、

何が自分の価値なのか、

一度棚卸しをする必要があると思いました。