読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

大切なバトンを受け取った日

「みなとみらい読書交流会」を主催していきます

突然ですが、

4月から「みなとみらい読書交流会」を

主催者として開催することになりました。

「みなとみらい読書交流会」とは、

しつもんを使いながら読書を行う会のことです。

 

これまでも何度か

しつもん読書会について書いてきましたが、

この「みなとみらい読書交流会」こそ

私の原点。

 

大げさに聞こえるかもしれないですが、

「みなとみらい読書交流会」

私の人生を変えてくれました。

 

体調を崩し、自分に自信がなかったとき、

たまたま頂いたパンフレットに書かれていた

「みなとみらい読書交流会」

本は少し読むけど、一緒にお話しする人もいないし、

読書会には参加してみたい。

でも・・・

本についていきなり話すなんてできないと思っていました。

でも、この読書会には「しつもんを使う」と書いてあり、

しつもんがあるならそれに答えるだけでいい、

それならば参加できるかもしれない!!

そう思い参加することにしました。

 

参加してみた感想は・・・

自分の意見が自由に言える安心感と

参加者の皆さんに受け入れて頂けることが

本当に心地よかった!!

久しぶりに味わった感覚でした。

 

「また参加したい!」

と思った私は、ファシリテーターさんにお願いして、

月に1度開催して頂いていました。

そうして続けてきた1年半。

昨日が30回目の記念の日でした。

 

はじめましての方も2名いらっしゃったのですが、

初めてお会いしても本があるとあっという間に

距離が縮まるのは昨日も同じ。

さらに昨日は特別な場所で

美味しいお酒とお食事を頂きながらの読書会だったので、

いつもよりさらにさらに充実した時間でした。

 
f:id:chiaki-s:20170329235013j:image

 
f:id:chiaki-s:20170329235023j:image

 

そして会の最後の最後で、

「この会を引き継いでくれませんか?」

というお話しを突然頂き・・・

とってもとってもびっくりしました。

 

f:id:chiaki-s:20170329234148j:plain

 

簡単ではない、続けるということ。

30回、簡単な数と期間ではありません。

ファシリテーターさんが、

ゆっくりとご縁を繋いできた2年半。

このファシリテーターさんだったからこそ続いてきたはず。

 

私も今月2回、読書会を開催しましたが、

正直言うと簡単なことではありませんでした。

だから続けるということがいかに大変かということも

よくわかっているつもりです。

 

その積み上げてきたものをお渡し頂くということで、

少し迷いましたが、

ありがたく受け取らせて頂くことにしました。

 

 

私は自分が新しく何かを始めるというのはわりと得意な方で

これまでもそういったことは

いくつかやってきました。

でも、

積み上げてきたものを継承する

というのは恐らく初めての経験で、

正直言うと自信がありません。

 

でも・・・

そんな大切なものを引き継ごうと思ってくださったことに

感謝し、ありがたくバトンを受け取ることにしました。

 

 

「私は私らしく」

それが引き継いでくださったファシリテーターさんからの

お願いされたことです。

このblogのサブタイトルにもしていること。

私らしくをたまに見失いそうになることもありますが、

自分を許し、信じ、愛し

1歩づつ進んでいこうと思います。

 

 

明日のblogで書こうと思っていますが、

自分を許し、信じ、愛し

 は、私が昨日の読書会で選んだ本からの抜粋です。

 

この本とってもよかったんです。

この本から

今学んでいるねぎらいの根本が見えた気がしました。

帰ってきて読み直して号泣しました・・・

どんな本だったかは、また明日のblogで。