読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

笑顔になれる洋服を着る

着るものでテンションが変わる

やっと春らしくなってきました。

昨日から重たいコートを脱いで、

スプリングコートにしました。

 

セーターもスカートも春物。

重たいお洋服を脱ぐと、

気分も軽くなります。

 

 

私は去年の今頃、

体重が今よりプラス10キロでした。

だから春は憂鬱でした。

冬は体型が目立たない大きめの洋服を着て

ごまかせていたけど春はね・・・

薄着になるから憂鬱でした。

 

ゆるめで地味な色の洋服を着ていた頃の私。

自分に自信がありませんでした。

以前来ていた洋服もすべて着れなくなって、

たくさん捨てました。

 

f:id:chiaki-s:20170404230307j:plain

 

でも・・・

やっぱりおしゃれがしたい。

気に入った洋服を着たい。

そんな気持ちが捨てられなかったときに出会ったのが

「ストレッチと姿勢矯正」

をしてくれるプライベートスタジオ。

先生のおかげで姿勢矯正をして、

今は7センチのハイヒールが履けるようになり、

体重も減って、

気に入った洋服を着れるようになりました。

 

気に入った洋服を着られると、

やっぱり気分がいい。テンションも上がります。

 

 

気に入ったお洋服を着る意味

最近「ドレスセラピー」というものを知りました。

ドレスセラピーとは

ファッションで運気をあげる

まとうものを変化させることで、

本来持つ自分の才能や

魅力を開花させ運氣をあげるセラピー。

とのこと。

 

そしてこのドレスセラピーの資格をお持ちの方

お二人とご一緒させて頂くことがありました。

お二人ともとっても素敵!!

お似合いのものを着ていらっしゃったし、

何よりそのお二人のことすごく印象に残りました。

 

自分に似合うものを着ているって、

相手に自分の印象を強く残すことができるんだなと思いました。

 

 

そして

好きなお洋服を着ること

これも自分ねぎらいのひとつなんだ

とも思いました。

 

そう思ったのは、

先日ご一緒させて頂いたドレスセラピストのおひとり

稲田さんが書いていたこのblogを読んだからです。

 

大事な「わたし」という存在を
良くするのも悪くするのも
自分次第なのだということを学んだから

 

自分の好きなお洋服を着ることは

自分を大切にするため。

そして自分が笑顔になれば、

自分の周りにいる人も幸せにできる。

 

その通りだなと思いました。

 

身なりを整えることは気持ちを整えること。

気持ちが整っていれば身なりも整っている。

そんな風に思いました。

 

さて、ドレスセラピストの稲田さんは、

ご自身の写真をblogにのせていらっしゃいます。

その色のお洋服を着るとどんないいことがあるか、

稲田さんはどんなことを意識してお洋服を選んでいるか

そんなことをblogに書いていらっしゃいます。

 

私は最近そのblogを見るのが楽しみなのです。

稲田さんにOKを頂きましたので、

blogをリンクします。

 

明日はどんなお洋服を着るか、

稲田さんのblogを参考にして

おしゃれを楽しみましょう。

せっかく春なんですから!!