読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

人生2回目のファースティング

食べないでいると気づくこと

今、人生で2回目のファースティングをしています。

私がやっているファースティングは、準備期間を含めて13日間。

この期間、お肉とお魚はNG。酵素とお水だけで過ごすのは3日間。

そして今日は4日目です。

 

前回やったときは、初日に不安な気持ちでいっぱいになりました。

何が不安だったかということ「食べないで大丈夫だろうか?」という漠然としたもの。

気づかないうちに食べることに振り回されているんだなと感じました。

 

今回はそういった不安はなかったのですが、何やら昨日あたりからテンションが低め。

食べていないからエネルギーが下がっているのかもしれませんが、

なんというか、いい意味で静かな気持ちで過ごしています。

 

食べない生活をすると、結構時間ができます。

自分と向き合う時間ができます。

自分と向き合う時間で感じること。

自分は多くのものに囲まれているんだということに気づきます。

思考がシンプルになっていきます。

今回私は、自分の大切なこと、自分がどういうところで生きていきたいか

ということが見えてきました。

この気持ちの変化は不思議です。

 

もとの生活に戻って気づくこと

食事を戻していくと、いつも食べているものの大切さがわかります。

その味の深さにも気づきます。

食べ物を作ってくださる人への感謝の気持ちも自然にわいてきます。

 

ものが溢れている今、当たり前になっている何かを一度手放してみると、

全く違う世界が見えてくる・・・

そんなことを考えつつ残り1日の食べない日を大切に過ごそうと思います。

ちなみに前回ファースティング5日目は、自分でもびっくりするくらい頭がクリア

になりました。今回はどんなことが起こるか楽しみです。