読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

今年考えたあの目標を覚えていますか?

目標達成のために必要な振り返り

先月から「ふりかえりの会」というものに参加しています。

振り返り・・・今まで全くやってきませんでした。

1年間終わってみて「なんとなくできた・・・かな」とか

「今年もやっぱりできなかったな」とか

漠然としたものが多かったです。

 

f:id:chiaki-s:20170420003711j:plain

 

でも先月この会に参加させて頂いて、

目標達成のためにはふりかえりがとても大切だということがわかりました。

そしてもっと大切なのは

できたこと・できなかったことを書いてみること

そして言葉に出してみることだと思いました。

 見える化して、声に出して脳に響かせる感じでしょうか。

 

仲間と振り返る

ひとりでふりかえりをしてもいいのですが、

仲間がいると振り返りの効果は何倍にもなると思います。

仲間がいると

  • 自分の忘れていた目標に気づかされる
  • みんな頑張っているから自分も頑張ろうと思える
  • どうやって目標の管理をしているか教えてもらえる
  • 仲間の言葉から自分の目標をイメージできる

などなど、とにかくいいことづくしだと思いました。

 

そしてこの場がいいなと思ったところは、

みんな自分のできたことを素直に楽しそうに話していること。

「これができるようになったんです!」

と笑顔でお話されているところを見ると、

自分まで幸せになれるしパワーももらえる。

そして目標を達成するとこんな風になれるんだ、

自分も頑張ってみようと思えるのです。

 

会社で振り返りをすると、

ネガティブな話題になることが多くて、

あの人がこうだとかどうしてそうなったんだとか、

後ろ向きな議論になることが多いと思います。

 

でも人って、できたこともできなかったことも必ず両方あるはず。

その両方を理解して言葉をかけてあげること、

「いつも頑張っているよね」

「私はこんな風にしたらよくなったよ」

「それ大切だよね」

「すごいなー」

「頑張り屋さんだよね」

その言葉たちが自分のパワーになり

目標達成のための助けになるんだなと思いました。

 

 

その気持ちを会社でも

会社の評価というのは、

なぜかマイナス部分に目がいってしまうことが多いのではないでしょうか?

でもほんとはみんな頑張っていて、

できていることは必ず1つあるはず。

たった1つだったとしてもそのことを自分で自信を持って発言できること、

聞いている仲間は拍手で聞くこと、

そんな雰囲気があったら素敵だなと思います。

 

そしてそんな環境なら自分ができていないことも素直に発言でき、

「じゃあ次はどうすればいいだろう?」ということが

前向きに考えられるのではないかと思いました。

 

目標を達成するためには、自分の努力はもちろん必要だけど、

それと同じくらい周りのあたたかい心も必要なんだなと感じました。