いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

私の本棚

得より損に反応する脳 - 感情と勘定の経済学 -

「どうして選んでしまったのか?」という後悔をしないために システム1とシステム2の存在 「どうして選んでしまったのか?」という後悔をしないために 今日はこの本をご紹介 感情と勘定の経済学 友野 典男 この帯にもありますが、「なんでこんなの買っちゃ…

自分がほんとに必要な額 ‐ 「好き」を「お金」に変える心理学 -

答えられないひとこと 今日はこの本の紹介。 「好き」を「お金」に変える心理学 メンタリスト Daigo この本、プロローグから心にずどんと響くひとこと あなたの人生の幸せには、 どのくらい「お金」が必要ですか? 改めてこう問われた時、自分は明確にその金…

恐怖に勝つため脳をだます ‐ ブレインプログラミング ‐

週末のボルダリング、 今まで何度チャレンジしてもできなかった課題が次々とできてしまって、 一体2日間でいくつクリアできたのかと数えてみると、 なんと7課題クリアできていた。 7課題?! ここのところ同じ課題が一向にできずに悩んでいたけど、 できない…

内側の味方 -ほんとうの味方の作り方-

どうも私の笑い声には特徴があるらしい。 「chiakiさんの笑い声を聞いていると 幸せになります!」 ということを、これまでに何度も言って頂いた。 そして今日も、初めてお会いした方に そう褒めて頂いた。 私は小さい出来事でもよく笑う。 以前笑い声を褒め…

結局きほんがちゃんとしている人がいい ‐ 僕の好きな男のタイプ ‐

最近、松浦弥太郎さんの本にはまっています。 そして、1月の読書会に「どうしても持っていきたい!」と思って この本を購入。 1月の読書会は、女子だけの会だったので、 みんなにも「おとこまえ」について聞いてみたいなと思ったから。 僕の好きな男のタイプ…

やっぱ体幹が大切 ‐ モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット ‐

去年までの「読書日記」を2018年からは「私の本棚」に変えて、 読んだ本について書いていこうと思います。 今年の1冊目はこれにしちゃいました。 モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット 佐久間 健一 姿勢矯正・ヨガ・ボルダリングで去年は体重維持で…

四季と神様 -日本の神様と楽しく生きる‐

今年最後に読んだ1冊はこの本です。 日本の神様と楽しく生きる 日々のご利益とともに 平藤喜久子 今年始めたことのひとつ、神社参り。 神社はお正月にいけばいいもの と思っていた私が毎月朔日参りをするようになり、 旅先で神社にお参りに行くようになるな…

「人として」を考えさせられる本 ‐ 漫画 君たちはどう生きるか? ‐

久しぶりの読書日記はこの本です。 漫画 君たちはどう生きるか? 吉野 源三郎 この本、最近話題ですね。 どこの本屋さんに行っても、平台に置いてあるし、 売れている本としても紹介されています。 1937年に出版された原作が漫画化されたとのこと。 ですがこ…

日本を支えている人たち - サービスの達人たち: 究極のおもてなし -

日本を支えている人たち 久しぶりの読書日記はこの本です。 サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)野地 秩嘉 「サービスの達人」と言われて思い浮かぶのは、一流ホテルのホテルマン・・・? この本に出てくるサービスの達人は、 もっと身近にいる…

自分の常識は相手の非常識かもしれない - わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か -

自分の常識は相手の非常識かもしれない 今日の読書日記はこの本です。 わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か 平田 オリザ 「なんで理解できないかな?」 「どうしてそういう行動するかな?」 誰もが一度は相手に対して感じたことがある感…

「ときめき」に囲まれてますか? - 人生がときめく片づけの魔法 -

「ときめき」に囲まれてますか? 今日の読書日記はこの本です。 人生がときめく片づけの魔法 近藤 麻里恵 「片づけ」と言えばこの方、 「こんまり」こと近藤麻理恵さんではないでしょうか。 以前はよくテレビに出ていたし、 片づけ・断捨離と言って思いつく…

「終わった後」に誰と繋がるか? - 終わった人 -

「終わった後」に誰と繋がるか? 今日の読書日記はこの本です。 終わった人 内館 牧子 一度目に本屋さんでこの本と出会った時には、 「いつかは自分も終わった人になるんだよな」と思いました。 次に私がこの本と会ったのは、 「大人の友情」をテーマにした…

朝昼晩に「ありがとう」と言ってみよう - ありがとうの神様 -

朝昼晩に「ありがとう」と言ってみよう 今日の読書日記はこの本です。 ありがとうの神様 小林正観 2日続けての小林正観さんの本をご紹介。 そして小林正観さんの本を読んだのはこれが3冊目。 正観さんの本を読んでいて何となく感じていたことがあります。 そ…

「誰と」が大切になる年齢 - ごえんの法則 -

「誰と」が大切になる年齢 今日の読書日記はこの本です。 ごえんの法則 小林正観 何の本を買うか、目的がないまま本屋さんにふらっといった時、 たまに「あっ」と思う本があります。 「あっ」思った本は、その時買わなくてもどうしても気になって 後で買うこ…

1巻より好き - 戻ってきたアミ 小さな宇宙人 -

1巻より好き 今日の読書日記はこの本です。 もどってきたアミ 小さな宇宙人 エンリケ・バリオス 「本の装丁って大切」ということは以前も書きましたが、 この本の装丁大好きです。 さくらももこさんのイラスト。 このストーリーにぴったりだと思います。 イ…

"美しく”というテーマを持って本を読む

"美しく”というテーマを持って本を読む 読書日記を書き出して、もうすぐ2年。 読書が習慣になってからは3年くらいでしょうか。 「どんな本を読むんですか?」 と聞かれても、 「いろいろです。」 という漠然としたことしか答えられませんでした。 その時、そ…

テーマを持って本を読む

先日の読書会のテーマを「友情」にして、 参加者の皆さんにはそのテーマに沿った本を選んできて頂きました。 私自身も本を探したのですが、 何度本屋さんに行ってもなかなか見つからず。 最後に選んだのは「終わった人」という小説。 それがなぜ友情と結び付…

シックとは、装いだけではない -フランス人は10着しか服をもたない2 今の家でもっとシックに暮らす方法 -

シックとは、装いだけではない 今日の読書日記はこの本です。 フランス人は10着しか服を持たない2 - 今の家でもっとシックに暮らす方法 - ジェニファー・L・スコット 「美しく」をテーマに本を読んでいることをBlogに書いていたら、 誕生日の友人がこの本を…

正観さんからの言葉が響いた - ありがとうの奇跡 -

正観さんからの言葉が響いた 今日の読書日記はこの本です。 ありがとうの奇跡 小林正観 最近読む本は「あ~、この本よかった!」と思える本ばかり。 読むと幸せになれる・優しくなれる、そして強くなれるから。 この本も、「あ~、読んでよかった」と思えま…

自分で決めた人生を最後まで楽しく生き抜いた人 - 生きるのが楽しくなる15の習慣 -

自分で決めた人生を最後まで楽しく生き抜いた人 今日の読書日記はこの本です。 生きるのが楽しくなる15の習慣 日野原 重明 この本を読んでまず思ったこと。 「あー、もっと早くに読んでおけばよかった」ということ。 以前から日野原先生の本は読みたいと思っ…

誰もが憧れる笑顔、その後ろにある強さ - オードリー・ヘップバーンの言葉 -

誰もが憧れる笑顔、その後ろにある強さ 今日の読書日記はこの本です。 オードリー・ヘップバーンの言葉 山口 路子 オードリー・ヘップバーン、とてもとても有名な人なのに、 今までつくづく写真すら見たことがなかった私。 でも、最近あることがきっかけで彼…

寝る前に読むと美しくなる本 - 美人の口ぐせ -

寝る前に読むと美しくなる本 今日の読書日記はこの本です。 美人の口ぐせ スティーブン・ヘインズ 寝る前にどんな本を読んでいるか? これって結構重要なことだそうです。 寝る前の何分か前に読んだ本のイメージや言葉は、 潜在意識に深く働きかけるそうなの…

なりたい自分になるには、なりたい自分の装いをする - 大人がキレイになれるおしゃれ教科書 -

なりたい自分になるには、なりたい自分の装いをする 今日の読書日記はこの本です。 大人がもっとキレイになれるおしゃれの教科書 柴崎 マイ この本は、「年齢でオシャレを諦めない!」というテーマの本。 本の中には、かわいくてキレイなイラストのページも…

たとえ話がわかりやすい - マインドフルな毎日へと導く108つの小話 -

たとえ話でわかりやすく説明 今日の読書日記はこの本です。 マインドフルな毎日へと導く108つの小話 アジャン・ブラム マインドフルに生きるとは、 今この瞬間に集中し、現実をあるがままに受け止めること。 ・・・と言われても、実際にはどんな心がけを持っ…

なぜかモテる男 -いろは匂へど 瀧羽麻子-

なぜかモテる男って・・・ 今日の読書日記はこの本です。 いろは匂へど 瀧羽麻子 本屋さんに行って本を買う理由。 それは、本の装丁を見て、直感的に選びたいから。 この本はまさに「目で見て直感で選んだ」本。 私は紫が好きで、自分の「色」も紫と思ってい…

持っているだけで幸せが寄ってきそう - 龍神のの力をいただく「神旅」のはじめ方 -

持っているだけで幸せが寄ってきそうな本 今日の読書日記はこの本です。 龍神のの力をいただく「神旅」のはじめ方 大杉 日香理 「きれい!!」と思わず言ってしまうほど素敵な装丁。 手にした時の触った感じもなんだかとってもいい。 大杉さんの「龍使いにな…

色で癒される本

表紙がカラフルなだけかと思ったら、 中もオールカラー。 見ているだけで嬉しい気持ちになった一冊。 持っているだけで幸せか寄ってきそう。 読書日記は明日…

短い文に力あり -多眼思考 -

よくも悪くもちきりん 今日の読者日記はこの本です。 多眼思考 ちきりん ちきりんのツイート300がまとめられた1冊。 ちきりんの考えを隠すことなく言葉にしていることが感じられます。 ちきりんの本、今まで何冊か読んで、 そのたびに思ったのは、 「よくも…

こんなにいいことがあるならやってみたいと思わせる1冊 - 世界のエリートはなぜ瞑想をするのか -

こんなにいいことがあるならやってみたい 今日の読書日記はこの本です。 世界のエリートはなぜ瞑想するのか? 渡邊 愛子 この本の装丁を見た時の最初のイメージは、 「エリートが実践している瞑想って、何か難しいものなんだろうか?」 ということでしたが、…

宇宙人が教えてくれる愛について - アミ 小さな宇宙人 -

優しい宇宙人が教えてくれる愛について 今日の読書日記はこの本です。 アミ 小さな宇宙人 エンリケ・バリオス 昨日書いた読書日記 「成功している人はなぜ神社に行くのか?」 の中に、こんなことが書いてありました。 本も神社です 本を両手に持つと、手から…