いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

やったね、40回 ‐ みなとみらい読書交流会 ‐

とにかく嬉しい!

昨日はとにかく嬉しかった。

40回目を迎えられて嬉しい。

私がファシリテーターをするようになって10回続いて嬉しい。

参加してくださった方が6名もいて嬉しい。

 

今年の1月にしつもん読書会のファシリテーターの資格をとったものの、

人が集められるんだろうか?とか、

開催し続けられるんだろうか?とか、

そんな不安ばかりでした。

 

ファシリテーターになっての最初の読書会は

知り合いの方の協力である会社の会議室で読書会を開催。

そして2回目は地元のカフェで開催をしました。

3回目以降はどんな風に進めていこうか・・・と考えていたときに、

みなとみらい読書交流会を立ち上げたファシリテーターさんから

「自分がやってきた読書交流会を引き継ぎます」

と突然言われ・・・。最初はぽかーんとしてしまったけれど、

そのことがあったから覚悟を決めて

今日まで続けてこられたのだと思います。

 

なぜ仕事でくたくたになっても、読書交流会を開催するか?

読書交流会は、平日午後19時スタート。

仕事が忙しい時は18時を過ぎて会社を出ると

くたくたになっていることもあります。

それでも読書交流会を開催し続けてきた理由、

それは、

「私自身が参加者のみなさんからエネルギーをもらって元気になれるから」

 

今私にとって読書交流会は、月に1度のなくてはならない場所となりました。

 

さて、そして昨日は40回目を開催。

年末の忙しい中、

6人の方に参加して頂きとてもとても楽しい会となりました。

 

今年あなたを導いた本

昨日は、「今年あなたを導いた1冊」というテーマで本を持ってきて頂きました。

皆さんが持ってきてくださった本は

  • イノベーションを生み続ける組織
  • 「言葉」が人生をかえるしくみ その最終結
  • 頭に来てもアホと闘うな
  • ひとりっぷ
  • ラウンダバウト
  • ウラあらのぞけばオモテが見える

という6冊。どれも皆さんの想いがたくさん詰まった本、

そしてお話を聞いていると、1年間皆さんが何を大切に過ごしてきたかが

とてもよくわかりました。

f:id:chiaki-s:20171215011216j:plain

 

みなとみらい読書交流会の特色は、

「参加者自身がしつもんを作り、そのしつもんにみんなで答えあう」

ということ。これは前任のファシリテーターさんがとても大切に

していたこと。参加者の皆さんが作るしつもんは、

毎回毎回考えさせられるものばかり。

昨日のしつもんも素敵なものばかりでしたが、

その中でも一番よかったなと思ったのが、

「今ちょっと凹んでいる私にメッセージを送るとしたらどんな言葉ですか?」

というもの。

 

こういう投げかけ、普段はなかなかできないんじゃないかと思いますが、

思いきってこういうしつもんを作ってくださり、

読書会の場がぐっと引き締まった感じがしました。

 

読書交流会では、参加者の方それぞれが

それぞれの言葉で答えを出してくれます。

「うまく言葉にできなくても、気持ちを伝える努力をする」

「努力した結果、自分という人間を理解してもらえる」

「理解できると、自分にも相手にも優しくなれる」

こういうことができるのが、みなとみらい読書交流会だと思っています。

 

昨日も結局話が尽きずに、約3時間でお開きとなりました。

皆さんが笑顔になってくれて、私も優しい気持ちになりました。

 

何かを続けることは、想像以上に大変だけど、

続けた先には必ずいいことがある。

そんなことを感じた昨日の読書交流会でした。

 

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

居場所を変える、時間を共にする人を変える旅 ‐前編‐

3ドキな一日

昨日は、楽しみでどきどきだった名古屋旅行。

ひとりで新幹線に乗るドキドキ(小学生みたい)

まだ声も聞いたことがないお友達に会うドキドキ

誰もいないセミナーに参加して懇親会にも出ようとするドキドキ

そんなドキドキがいっぱいの12月10日でした。

 

まだ声も聞いたことがないお友達との対面

今年私は「ねぎらい」というものを学び、

その「ねぎらい」の先生から頂いたご縁でお友達になったMさん。

「いつか会いたいですね」と言ったまま約半年が過ぎ、

私が何度か約束を果たせなくても、

「いつかその時が来ます」とおっしゃってくれた上に、

今回急な名古屋行きについてお話しすると、

お忙しいスケジュールをすぐに調整してくださり、

「午前中の短い時間でも!!」と言って名古屋駅に来てくださいました。

 

名古屋駅に降りたのは過去に1度だけの私。

しかもその時は伊勢に行く乗り換えのため。

「待ち合わせ場所にたどり着くのか?!」というハラハラと共に

降り立った名古屋駅

駅は想像以上に広く、人も多くパワーを感じました。

 

ハッキリ言ってこういう時、

Googleマップより人が頼りと思っている私。

速攻で駅の案内所に駆け込み、待ち合わせ場所である

「MIDLAND SQUARE」の場所を聞き、

お友達Mさんが待つカフェへダッシュ。

f:id:chiaki-s:20171212012944j:plain

 

 

カフェで待っていてくださったMさんは、

ベレー帽がとっても似合って笑顔もとっても可愛い方。

「あ~、イメージとピッタリ」というのが第一印象。

 

私は最近のバタバタを言い訳に・・・

手土産は新幹線に乗る直前に選んだのですが、

Mさんは私に星のオーナメントを持ってきてくださっていました。

f:id:chiaki-s:20171212011911j:plain

 

さて、次の予定までの2時間は、

話題が尽きることなく話続けました。

家族のこと、仕事のこと、これからのこと、

とにかく前向きなMさんと話していたら、

「そうか、自分ばっかりなんで?って思うのではなく、

自分だからできるんだぞ!って思えばいいんだ」

というマインドを変えるきっかけも頂きました。

 

Mさんと話していて思ったこと。

それは、

「笑顔は人の心をあたたかくするんだな」

ということ。

2時間ずっと笑顔で話してくださったMさん。

その笑顔はしっかりと私の頭に残っています。

視覚が人に与える影響って大きい、

これが「メラビアンの法則」というものなんでしょうね。

メラビアンの法則 - Wikipedia

 

Mさんはふわっふわのセーター、

そしてベレー帽をかぶっていらっしゃったんですが、

これがまたとってもお似合いでした。

お洋服は、人に与える印象を変えるんだな

ということも感じました。

 

初めての方にお会いする時ほど、

お洋服や表情が大切になるんだな~

ということも学ばせて頂いた気がします。

 

楽しかった2時間はあっという間に過ぎてしまい、

次回の再会を約束し、Mさんとはお別れしました。

話足りなくて名残惜しかったけど、

「このご縁は必ず続く!」と思えました。

 

名古屋の旅は千年ノートセミナーに続きます。

 

本質を考える ‐ 第39回みなとみらい読書交流会 ‐

11月16日、39回目のみなとみらい読書交流会を開催しました。

今回はお二人の方に参加頂きました。

人数は少なかったのですが、

その分深く深くいろいろなことをお話しできた時間でした。

 

今回の本はこの3冊でした。

  • 人生を変えるメンターと出会う法~自分の磨き方、高め方~ 本田健
  • ダイアローグ――対立から共生へ、議論から対話へ デヴィッド・ボーム 
  • 思考は現実化する〈上〉 ナポレオン ヒル

f:id:chiaki-s:20171126183444j:plain

実はこの日、コミュニケーションについて私自身がいろいろと悩んでいたので、

「ダイアローグ」という本を見た時は「ぜひ読みたい!」と思いました。

 

さて、今回の読書会、キーワードは「本質」だったと思います。

ダイアローグの本については「対話の本質」

メンターと出会う法、思考は現実化するについては「自分自身の本質」

について話が広がりました。

 

「本質」って何でしょう。

Wikipediaのよると・・・

あるものがそのものであると云いうるために

最低限持たなければいけない性質をいう。

もしくはそうした性質からなる理念的な実体をいう場合もある。

 自分自身の本質って、自分のことなのに自分が一番わかっていない気がします。

例えば今発言した言葉が自分の本質的なところから発したものなのか、

それとも何かバイアスがかかって発したものなのか・・・

考えれば考えるほどわからなくなる気がします。

 

そしてそんな中で行われる日々のコミュニケーション。

ほんのひとこと付け足せばわかりあえたはずのことがこじれたり

決裂したり、そういうことも日常茶飯事なのかなと思います。

 

自分自身を知る、本質を知るにはどうすればいいか?

最近は性格診断のようなものもたくさんあるので、

そういうことを参考にしてもいいのかもしれませんが、

「本質を知る」には、じっくり自分と向き合う時間を持つことが

必要なのではないかと思います。

自分の発した言葉が、本当はどういう意味を持つものだったのか?

相手にどういう想いをもって発したものなのか?

「そんなこといちいち考えていられない」

と思う方もいるかもしれませんが、

そうやってひとつひとつを大切に考えることが、

長く考えると自分を大切にすることに繋がるのではないかなと思いました。

 

 

今日「メンター」についての本を持ってきてくださった方がいらっしゃいました。

私も「メンター」という言葉、最近ちょっと気になっていました。

私が「メンター」という言葉に持っていたのは「師匠」というイメージ。

目指す人、こんな風になりたいと思う人、

そんな人がメンターかなと思っていました。

でも、読書会が終わってその考えは変わりました。

「メンターとは、人生の師であり、

かつお互いに高めあえる相手」

メンターの真似をするのだけでなく、

真似をしながら自分らしさを大切にすることが大切なのではないかと思いました。

 

さて、今回魔法のしつもんはこの3つでした。

  • どんな心のありようであればいいでしょうか?そのためにどのような本質を理解すればいいでしょうか?
  • あなたはどんな生き方をして楽しみたいですか?
  • 自分の目標達成を邪魔することは何ですか?

 

今回も終わってみれば3時間。

真剣に語るこの時間が終わると本当にぐったりしますが、

頭をフル回転させ考える時間は自分にとってとても大切な時間です。

 

今回もご参加ありがとうございました。

 

日本を支えている人たち - サービスの達人たち: 究極のおもてなし -

日本を支えている人たち

久しぶりの読書日記はこの本です。

 

サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)
野地 秩嘉

サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)

 

「サービスの達人」と言われて思い浮かぶのは、一流ホテルのホテルマン・・・?

この本に出てくるサービスの達人は、

もっと身近にいる人たちのお話しです。

 

この本の最初にも書かれていましたが、

日本はどこにいっても「サービス」が溢れている国です。

サービスに命を懸けている人たちがたくさんいます。

この本に書かれている言葉をお借りすると、

サービスの極意を追求しようとしている

人たちがたくさんいると思います。

でも、サービスを受けることが当たり前になっていて、

そのすごさを感じなくなってしまっているかもしれません。

この本は、「当たり前」に受けてしまっているサービスが

実は「究極のおもてなし」だということを気づかせてくれる本です。

 

インパクト大のプロフェッショナル

私がこの本の中に書かれているプロフェッショナルな方の中で

一番印象に残ったのは、「デパ地下の女王」でした。

「デパ地下の女王」とは、かつサンドが有名な

まい泉」という会社で働く女性のこと。

デパ地下でかつサンドを売る彼女は、

仕入れたものは必ず売り切るらしいのです。

その彼女はこんな風に話しています。

結局デパ地下ではちゃんとした人が一生懸命に売っている店だけが

数字を取っている。私は商品よりも人だと思う。

さらにこの本の著者は

庶民が毎日買うものは、親切な人から買いたいと思っている。

と書いていました。

確かに何かを買う時、最後の決め手になるのは、

販売している人がどういう人かということかもしれません。

 

「親切な人ってどういう人なんだろう?」

私が思う「親切な人」の定義は、

私の思いをうまく言葉にできなくても

察してくれて行動してくれる人なのではないかと思っています。

 

著者も似たような意見を書いていました。

目の前の人が望んでいることをやる人

しかもやらずにはいられないからやってしまう人

自分のなかにあるものに突き動かされて行動に移ってしまう人だ。

私はこの一文を読んで、こんな風に思いました。 

自分がお客様に向かっている時、

「突き動かされて行動」しているだろうか・・・?

私はお客様と対面でお話できない職種なので、

「行動」することはできない。

でも、「相手が望んでいること」をよくよく考えてベストなことを

言葉にしてお伝えしているのだろうか?と考えてしまいました。

 

これまで日本を支えてきたのは、

「相手が望んでいることを考えてやらずにはいられずに行動してしまう日本人」

だったのではないでしょうか。

そしてそういた気持ちや行動は、お客様にはもちろんのこと、

一緒に働く仲間に対しても同じだったのではないかと思います。

 

人はそんなに簡単に、自分の発言や行動を切り替えられるものでは

ないと思います。サービスのプロフェッショナルであるためには、

日ごろから常に「相手の望んでいることを考える姿勢」が必要なのでは

ないだろうか?そんな風に思った1冊でした。

 

サッカーから学ぶこと

突然ですが、私は数年前から横浜・F・マリノスファンです。

 

日産スタジアムのチケットをもらって試合を見に行ってから、本物を見る楽しさを知り、

依頼シーズンのほとんどの試合を日産スタジアムまたは三ツ沢競技場で見ています。

 

そして昨日は2017年度のホーム最終戦

最近の日産スタジアムでの試合はずっと雨。

昨日は晴れてくることを期待していましたが、

またまた冷たい雨の中での試合となってしまいました。

 

昨日の相手は最近調子があがっているセレッソ大阪

前半は1点リードで折り返したものの、

後半はあれよあれよという間に4点を入れられ試合終了。

試合後の最終戦セレモニーも湿ったものとなました。

 

試合後のFacebookのコメントを見ると、

辛口のものがたくさん書かれていました。

確かに、寒い雨の中応援していたサポーターからは、辛口コメントが出るのも理解できますが、

私は昨日も最後まで諦めない選手の姿から、

元気や勇気をもらえたのでありがとう!と言いたいです。

 

さてさて。マリノスの選手の中でも特に私が応援しているのが、中町公祐選手です。

実は中町選手はこのような企画をされていました。

「ひゅうごシート」~横浜F・マリノス戦ご招待~NICUファミリー中町公祐選手~ ( 子どもの病気 ) - がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ - Yahoo!ブログ

 

もっと早くシェアすればよかったのですが、

このタイミングになってしまいました。

 

スタンドから本物の試合を見ると

そこから学べる多くのことがあるということを私自信もこの数年で体験しました。

きっと昨日も多くの方々が、いろいろなことを感じられたのでないかと思います。

 

私も何かできることがあるのではないか?

そんなことを中町選手から教えてもらいました。

華やかなJリーグですが、

色々な思いを胸に、選手たちはグランドを走っているんだなと思います、

あと2試合、全力で応援します!

 

 

心に太陽!

私のblogのタイトルは、「いつも心に太陽を」。

 

太陽のように、いつも明るくあったかく、

そんな人であり続けたいと思い、この名前を付けた。

 

でも、太陽が陰りそうになったり、

雲に隠れそうになったりすることもある。

 

最近特にそんなことが増えてきたなと思っていたところ、Amazonでこんな本を見つけた。

 

心に太陽を持て (新潮文庫)

心に太陽を持てという本。

古い本だけれど有名らしい。

 

この本をネットで注文し、太陽が陰りそうになったまさに今日、このタイミングでこの本が届いた。

 

「人間はどう生きるべきかを、やさしく問いかけ、爽やかな感動を与える世界の逸話集」らしい。

 

本質的なことが書いてありそうなこの本。

早速よみたいと思う。

 

11月11日

8月から毎月朔日詣りを始めて、

桜木町にある伊勢山皇大神宮へお参りするようになりました。

 

でも今月は予定が入ってしまって行くことができず、

地元の神社へお参りしたのですが…。

 

いつも通っている場所なか行かないのは、

何だか気持ち悪くて、

1並びの今日お参りしてきました。

 
f:id:chiaki-s:20171111165752j:image

桜の葉は、早くも落ちてしまってました。

毎月同じ場所で同じものを見ると、

季節の移り変わりを感じられるんだなぁと思いました。

 

今日は土曜日、さらに1並びということで、

やっばり神社は賑わっていました。

 

結婚式に七五三、

多くの人がお参りに来ていました。

 

しかも今日の結婚式、新郎は外国の方でした。

でも和服もお似合いでした。


f:id:chiaki-s:20171111170142j:image

結婚式を後ろで見させてもらうと、

自分も笑顔になってくるから不思議。

 

七五三参りも可愛かった!
f:id:chiaki-s:20171111170329j:image

 

ゆっくりとお参りし、深呼吸をしたら、

何だか頭も心もスッキリしました。