いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

日本を支えている人たち - サービスの達人たち: 究極のおもてなし -

日本を支えている人たち

久しぶりの読書日記はこの本です。

 

サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)
野地 秩嘉

サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)

 

「サービスの達人」と言われて思い浮かぶのは、一流ホテルのホテルマン・・・?

この本に出てくるサービスの達人は、

もっと身近にいる人たちのお話しです。

 

この本の最初にも書かれていましたが、

日本はどこにいっても「サービス」が溢れている国です。

サービスに命を懸けている人たちがたくさんいます。

この本に書かれている言葉をお借りすると、

サービスの極意を追求しようとしている

人たちがたくさんいると思います。

でも、サービスを受けることが当たり前になっていて、

そのすごさを感じなくなってしまっているかもしれません。

この本は、「当たり前」に受けてしまっているサービスが

実は「究極のおもてなし」だということを気づかせてくれる本です。

 

インパクト大のプロフェッショナル

私がこの本の中に書かれているプロフェッショナルな方の中で

一番印象に残ったのは、「デパ地下の女王」でした。

「デパ地下の女王」とは、かつサンドが有名な

まい泉」という会社で働く女性のこと。

デパ地下でかつサンドを売る彼女は、

仕入れたものは必ず売り切るらしいのです。

その彼女はこんな風に話しています。

結局デパ地下ではちゃんとした人が一生懸命に売っている店だけが

数字を取っている。私は商品よりも人だと思う。

さらにこの本の著者は

庶民が毎日買うものは、親切な人から買いたいと思っている。

と書いていました。

確かに何かを買う時、最後の決め手になるのは、

販売している人がどういう人かということかもしれません。

 

「親切な人ってどういう人なんだろう?」

私が思う「親切な人」の定義は、

私の思いをうまく言葉にできなくても

察してくれて行動してくれる人なのではないかと思っています。

 

著者も似たような意見を書いていました。

目の前の人が望んでいることをやる人

しかもやらずにはいられないからやってしまう人

自分のなかにあるものに突き動かされて行動に移ってしまう人だ。

私はこの一文を読んで、こんな風に思いました。 

自分がお客様に向かっている時、

「突き動かされて行動」しているだろうか・・・?

私はお客様と対面でお話できない職種なので、

「行動」することはできない。

でも、「相手が望んでいること」をよくよく考えてベストなことを

言葉にしてお伝えしているのだろうか?と考えてしまいました。

 

これまで日本を支えてきたのは、

「相手が望んでいることを考えてやらずにはいられずに行動してしまう日本人」

だったのではないでしょうか。

そしてそういた気持ちや行動は、お客様にはもちろんのこと、

一緒に働く仲間に対しても同じだったのではないかと思います。

 

人はそんなに簡単に、自分の発言や行動を切り替えられるものでは

ないと思います。サービスのプロフェッショナルであるためには、

日ごろから常に「相手の望んでいることを考える姿勢」が必要なのでは

ないだろうか?そんな風に思った1冊でした。

 

サッカーから学ぶこと

突然ですが、私は数年前から横浜・F・マリノスファンです。

 

日産スタジアムのチケットをもらって試合を見に行ってから、本物を見る楽しさを知り、

依頼シーズンのほとんどの試合を日産スタジアムまたは三ツ沢競技場で見ています。

 

そして昨日は2017年度のホーム最終戦

最近の日産スタジアムでの試合はずっと雨。

昨日は晴れてくることを期待していましたが、

またまた冷たい雨の中での試合となってしまいました。

 

昨日の相手は最近調子があがっているセレッソ大阪

前半は1点リードで折り返したものの、

後半はあれよあれよという間に4点を入れられ試合終了。

試合後の最終戦セレモニーも湿ったものとなました。

 

試合後のFacebookのコメントを見ると、

辛口のものがたくさん書かれていました。

確かに、寒い雨の中応援していたサポーターからは、辛口コメントが出るのも理解できますが、

私は昨日も最後まで諦めない選手の姿から、

元気や勇気をもらえたのでありがとう!と言いたいです。

 

さてさて。マリノスの選手の中でも特に私が応援しているのが、中町公祐選手です。

実は中町選手はこのような企画をされていました。

「ひゅうごシート」~横浜F・マリノス戦ご招待~NICUファミリー中町公祐選手~ ( 子どもの病気 ) - がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ - Yahoo!ブログ

 

もっと早くシェアすればよかったのですが、

このタイミングになってしまいました。

 

スタンドから本物の試合を見ると

そこから学べる多くのことがあるということを私自信もこの数年で体験しました。

きっと昨日も多くの方々が、いろいろなことを感じられたのでないかと思います。

 

私も何かできることがあるのではないか?

そんなことを中町選手から教えてもらいました。

華やかなJリーグですが、

色々な思いを胸に、選手たちはグランドを走っているんだなと思います、

あと2試合、全力で応援します!

 

 

心に太陽!

私のblogのタイトルは、「いつも心に太陽を」。

 

太陽のように、いつも明るくあったかく、

そんな人であり続けたいと思い、この名前を付けた。

 

でも、太陽が陰りそうになったり、

雲に隠れそうになったりすることもある。

 

最近特にそんなことが増えてきたなと思っていたところ、Amazonでこんな本を見つけた。

 

心に太陽を持て (新潮文庫)

心に太陽を持てという本。

古い本だけれど有名らしい。

 

この本をネットで注文し、太陽が陰りそうになったまさに今日、このタイミングでこの本が届いた。

 

「人間はどう生きるべきかを、やさしく問いかけ、爽やかな感動を与える世界の逸話集」らしい。

 

本質的なことが書いてありそうなこの本。

早速よみたいと思う。

 

11月11日

8月から毎月朔日詣りを始めて、

桜木町にある伊勢山皇大神宮へお参りするようになりました。

 

でも今月は予定が入ってしまって行くことができず、

地元の神社へお参りしたのですが…。

 

いつも通っている場所なか行かないのは、

何だか気持ち悪くて、

1並びの今日お参りしてきました。

 
f:id:chiaki-s:20171111165752j:image

桜の葉は、早くも落ちてしまってました。

毎月同じ場所で同じものを見ると、

季節の移り変わりを感じられるんだなぁと思いました。

 

今日は土曜日、さらに1並びということで、

やっばり神社は賑わっていました。

 

結婚式に七五三、

多くの人がお参りに来ていました。

 

しかも今日の結婚式、新郎は外国の方でした。

でも和服もお似合いでした。


f:id:chiaki-s:20171111170142j:image

結婚式を後ろで見させてもらうと、

自分も笑顔になってくるから不思議。

 

七五三参りも可愛かった!
f:id:chiaki-s:20171111170329j:image

 

ゆっくりとお参りし、深呼吸をしたら、

何だか頭も心もスッキリしました。

 

ありがとうは最強な言葉

一昔前の会社と言えば、

社員旅行があったり、飲み会があったり、

勤務時間外でも強制的に会社の人たちと

同じ時間を過ごさなければいけない習慣があった。

 

最近は、そういうことを強制されることが少なくなって、

「仕事さえできればいい」

と考える人も多いのかもしれない。

 

確かに、決められた時間以外は個人のものだし、

縛ることはできないのだけれど、

そうするとなかなか相手のことを知るチャンスもないのかなと思う。

 

 

いろいろな方の話を聞いたり、本を読んだりして、

自分なりに考える「チーム作り」というのは、

いつも隣にいる彼や彼女が

どんな人かということを知ろうとする気持ちから始まる気がする。 

 

何が好きで何が嫌いでとか、

休みの日は何してたとか、

言いたくないこともあるかもしれないけど、

やっぱり私は知りたいと思う。

 

何で知りたいんだろう…

自分のことも知って欲しいからか?

私はいろんなこと考えてるんだよとか、

私も頑張ってるんだよとか、

そういうことを少しでもわかって欲しいのかもしれない。

 

誰かが自分のことをわかっていてくれると思うと、

私は結構頑張れる。

「ありがとう」といってもらえるだけで、

笑顔になる。

 

そういう小さいことで

仕事のパフォーマンスはぐっとあがったりするもんなんじゃないかと思う。

 

 

 

 

シンプルなひとことが欲しい

シンプルなひとことが欲しい

先日この本の著者がいらっしゃるワークショップに参加しました。

 

シリコンバレー式 最強の育て方

世古 詞一

 

シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―

 

「1対1のミーティングをすることで、

いきなり辞めない、自分から動く、メンバーのやる気が続く」

ということが書かれている本です。

 

1対1のミーティングで何を話せばいいんだろうと思っていましたが、

先日ワークショップに参加して、

「もしかしたらすごくシンプルなことでいいのかもしれない」

と思いました。

 

本の中で著者の世古さんが書かれているのは、

ミーティングの前半で聞くことは、

  • 最近どんなことがあったか?
  • 体調はどうか?
  • 週末はどんな風に過ごしているか?

というようなお仕事とは関係のないことにしましょうということ。

 

 

「せっかく時間をとったんだし、

仕事に直接関係あることを聞いた方がいいんじゃない?」

って思っていましたが、いざお試し 1 on 1ミーティングを

ワークショップの時間中に体験させて頂いたところ、

「あー、人ってこういうことで気持ちが変わるんだ」

と思いました。

 

「こういうこと」というのは、

話を聞いてくれる人の笑顔だったり、

聴こうとしてくれる姿勢だったり、

そしてなにより「XXさんはこういうことができていたよね、頑張ってるよね」

という本当に簡単なひとことを言ってもらえるということは、

とっても心があったかくなる。

 

評価がどうとか、目標がどうとか、

そういうことでなく、

もっと単純に、もっとシンプルに、

人として嬉しいひとことを言ってもらえること

それが元気とかやる気に繋がるんだなと感じました。

 

職場の上司・部下の関係だけでなく、

家庭でも、夫婦でも、彼氏彼女の間でも、

「シンプルなひとこと」

が伝わってない、伝えられていない気がしました。

 

自分では言っているつもり、

表現したつもり、

そういう態度をとったつもり、

でいたとしても、

相手がそう捉えてくれていなかったら意味がなく、

せっかく気持ちがあるのに伝わっていないって

悲しいなあと思うのです。

 

「シンプルなひとこと」って、

照れくさくて言いづらいけど、

シンプルであればあるほど、

それを聞いた相手は結構幸せになれるものなんじゃないかと思う・・・

初めての方をお迎えする時は・・・ - みなとみらい読書交流会 番外編 -

初めての方をお迎えする時は・・・

今日は自由が丘で「しつもん読書会」を開催しました。

参加された方はお二人。

おひとりの方はしつもん形式読書会が初めて。

正直言って、初めての方をお迎えする時は

「しつもんと読書のコラボをどんな風に感じられるかな・・・」

とかなり緊張します。

 

参加される方が「しつもん」に慣れていればいいのですが・・・

「本を読むのにしつもんなんているの?」とか

「しつもんに答えるなんて面倒」とか思われないだろうか

という不安が頭によぎるのです。

私の潜在意識が緊張する気持ちを作っているのかもしれません。

 

しかし、今日の読書交流会、そんな心配は全く無用。

集まった3冊の本から、最初は想像もしなかったようなお話しが

広がりました。

 

さて、今日集まったのはこんな素敵な本たちでした。

f:id:chiaki-s:20171031232647j:plain

 

今日も小説が1冊ありましたが、

小説を読まれる方って読み方が深い!!

とまたまた思いました。

 

「小説を読む理由 = 楽しみたいから」

という方が多いと思いますが、

読書会に小説を持ってきてくださる方は

「楽しむ」だけでなく、深い深い読み方をされていると感じます。

 

「このお話は、こういうことが言いたかったんじゃないだろうか?」

という自分自身の視点や感想を必ず持っていて、

1冊の本からとてもとても多くのことを考えて吸収していると感じます。

 

今日も1冊の小説をお持ち頂いた方のお話しを聞いていて、

「そういうことって大切だったよな」と

気づかせて頂いた言葉がいくつもありました。

 

答えをすぐに求めてしまうビジネス書や自己啓発の本だけでなく、

いろいろな角度から自分だけの考えを巡らせることができる。

小説を読むことも大切にしたいなと思いました。

 

 

今日の読書会で感じたこと。

いつも書いていますがやっぱり「ご縁」でした。

おひとりの方と前回お会いしたのはもう1年以上前のこと。

ですが、ずっと私の開催する読書交流会のことを気にしてくださっていて

今回参加してくださいました。

「本があったからこそ再会できた!」ととっても嬉しかったです。

 

たったの2時間、されど2時間の読書交流会。

 

短い時間の中で、

普段はちょっと恥ずかしくてあまり話さないことを話してみると、

自分の気づかなかったことに気づいたり、

新しいことを試すきっかけになったりするのではないかと

思っています。

 

小さな会ではあるものの、

これからも細く長く続けていきたいなと思いました。

 

3月からファシリテーターを始めた私のしつもん読書会。

なんと今日で10回目となりました。

来てくださった皆さんのおかげで10回も続けられました。

これからも続けていきたいと思いますので、

ご興味ある方はぜひ一度参加して頂きたいと思います。