読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

本物の禅に触れた一日(座禅編)

曹洞宗 大本山総持寺でのプチ禅修行

今日はみなとみらいのかもめschoolさん主催の

「心身を整えるCourse」に参加し、

私の地元「大本山 総持寺」でのプチ禅修行を体験してきました。

 

総持寺は、全国から修行僧があつまるとても有名なお寺。

石原裕次郎さんも眠るお寺なのです。

 

ですが、私にとってはあまりに身近にありすぎて、

どのような歴史があるのかということや

お寺の中をゆっくり回ったことはありませんでした。

でも、地元にこんなに素敵なお寺があり、

さらに今自分にとって必要だと思っている「座禅」の体験が

できるというので、講座が開催されるのを見つけて

すぐに申込みをしました。

 

修行僧が修行する座禅部屋での座禅体験

朝8時に総持寺に集合。

今朝の空気はとても澄んでいる気がしました。

三門までの長い道を深呼吸して歩くだけで

いつも抱えている荷物をひとつづつ降ろしていくような

気持ちになりました。

 

f:id:chiaki-s:20170528193558j:plain

 

f:id:chiaki-s:20170528193739j:plain

f:id:chiaki-s:20170528193807j:plain

 

今日半日のプチ修行を始めるにあたっての注意を

修行僧の方からご説明頂きました。

その中で、

「遠足のような気分でなく、プチ修行という気持ちで過ごしてください。」

という言葉を頂き、凛とした気持ちになりました。

 

プチ修行の、歩き方・お辞儀の仕方を簡単に教えて頂き、

早速座禅のお部屋へ移動。

 

神聖な場所ってこういうことを言うんだろうなという場所。

f:id:chiaki-s:20170528194221j:plain

黒いクッションのようなものが「座蒲 (ざふ)」。

台の上に上がり、この座蒲の上に座るのですが、

座蒲の手前の木の部分、ここは修行僧の方がお食事を置く場所。

なので、台に上がるときにここには触れてはダメ!!

という注意を頂き座蒲に座る時はちょっとジャンプが必要。

座蒲の上にお尻をついて、足をポンと上げて台の上に・・・

というのがルールだそうなのですが、

これはなかなか難しくうまくいきませんでした。

 

座蒲の座り方、姿勢、手の組み方を教えて頂き、

またアクセサリーと時計をすべて外し、

靴下も脱いで、いよいよ40分の座禅スタート。

自分でも瞑想をしてはいますが、

ひとりでやる時は10分が限界・・・

40分なんて耐えられるのかと心配でした。

 

壁に向かい、深い呼吸を意識。

頭に浮かんだことは、「まっ、いいか」と流す。

ひたすらそれを繰り返す時間。

心地よい風がどこからか吹いてきたり、

どこかで鐘が鳴ったり、

廊下を雑巾がけするような音が聞こえたり。

とにかく静かに静かに時間が流れていきました。

 

座禅開始前に、「警策(きょうさく)」の説明を受けました。

座禅と言えば思い浮かぶあの怖そうな木の棒のことです。

「眠くなったり、集中できないなと思った時は、

合掌をしてください。修行僧が警策で肩を叩きます。

これは暴力ではなく、励ましです。」

とのこと。

誰でも一度は聞いたことがあるあの「パシッ」という音。

やっぱりちょっと怖い。

 

でも、こんな体験いつもできるわじゃないし・・・

と思い、眠気がきたところで合掌。

励ましを頂きました。

全然痛くないし、確かに肩を叩いてもらうことで、

頭がすっとクリアになり、

またゆっくりとした呼吸に意識を向けることができました。

 

老師が「あと10分、座禅を続けます」

とおっしゃったのを聞いて、

「もう30分経ったの?」とびっくりしました。

 

そして鐘の音と共に40分の座禅が終了。

ゆっくりと身体を動かし、眠っていた身体を起こし、

日常に少しづつ戻りました。

 

 

本当の自分を見つけるために、自分を手放してみる

いつも抱えていることを一旦捨ててみる

座禅を続けることで尊いものが見える

自分が尊いものだということに気づく

そしてまた進んでいこうと思う

 

座禅を始める前の老師の言葉です。

座禅が終わってすぐに、老師のお言葉が理解できた

ということはありませんが、

今は頭がすっきりしているのは事実。

いつもしつこいようにこびりついている日々の不満・怒り・妬み

は今はない気がします。

 

煩悩の代表格と言われる心の三毒

  • 貪:むさぼり・必要以上に求める心
  • 瞋:怒り・憎しみ・妬みの心
  • 痴:おろかさ・愚痴・無知

日常に戻れば、どうしても起きてくる心の三毒

完全になくすことはできないと思うので、

定期的に禅・座禅に触れ、

心の整理ができればいいなと感じた今日の座禅体験でした。

 

 

 

明日は座禅

明日は地元の有名なお寺で座禅。

本当の座禅は初めて。

終わった後、どんな気持ちになっているのか、今から楽しみです。

4月に読んだ本のまとめ

5月も終わりに近いですが…

4月のまとめです。

 

4月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2564

素敵な日本人 東野圭吾短編集素敵な日本人 東野圭吾短編集
読了日:04月30日 著者:東野 圭吾
人望が集まる人の考え方人望が集まる人の考え方
読了日:04月25日 著者:レス・ギブリン
ラクに勝ち続ける働き方ラクに勝ち続ける働き方
読了日:04月23日 著者:小室 淑恵
「感謝」で思考は現実になる「感謝」で思考は現実になる
読了日:04月21日 著者:パム・グラウト
君たちに明日はない (新潮文庫)君たちに明日はない (新潮文庫)
読了日:04月18日 著者:垣根 涼介
イーロン・マスク 未来を創る男イーロン・マスク 未来を創る男
読了日:04月14日 著者:アシュリー・バンス
本を読む人だけが手にするもの本を読む人だけが手にするもの
読了日:04月13日 著者:藤原 和博
老いと収納 (角川文庫)老いと収納 (角川文庫)
読了日:04月08日 著者:群 ようこ
脳を創る読書脳を創る読書
読了日:04月06日 著者:酒井 邦嘉
始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)
読了日:04月04日 著者:宝彩 有菜

読書メーター

「無意識」なのに整えられるの? - 無意識の整え方 -

「無意識」なのに整えられるの?

今日の読書日記はこの本です。

 

人生が変わる! 無意識の整え方

- 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 

前野 隆司

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)

 

私たちが「自分で決めている」と思っていること、

実は自分では意識していない領域「無意識」が決めているのではないか?

という仮説をたてているのが慶応義塾大学の前野先生。

この仮説のことを「受動意識仮説」と言っていますが、

この仮説、具体的にはこんな風に説明しています。

社長と社員たち → 私

社長 → 意識

社員たち → 無意識

有能な社員たちがいると社長が指示しなくても、

社長があれこれ言わなくても会社っはうまく回っていく。

 この本では、「有能な社員たち」を育てるための

具体的な方法が書かれている本です。

 

合気道・お坊さん・社長・医師との対談

この本では、前野先生が合気道の先生、僧侶、社長、意志

との対談について書かれています。

4人の方との対談で、前野先生が無意識を整える具体的な方法を探す

そんな本になっています。

 

合気道の先生が考える無意識を整えるコツ

4人の対談の中で、私が一番印象的だったのは、

最初に登場する合気道の先生との対談。

どれも納得できるものでしたが、その中からいくつか書くと

「集中」はするが「執着」はしない

プラスの言葉を使い、プラスの記録をつける

不安を感じたら、フッと息を吹いてマイナスの観念を吹き飛ばす

 

 

 

 

無意識は意識的に整える必要がある

私は、無意識は意識的に整える必要があるのかなと思いました。

「気」を整えるという言葉をよく聞きますが、

「気ってそもそも見えないよね?」

と思う方も多いかもしれないし、

「その見えないものを整えることってできるの?」

と思うかもしれません。

でも、やっぱり人には「流れ」みたいなことがあって、

それが「気」なのかなと思います。

「気」って気が付くと、

周りの状況とか過去のマイナスイメージとか

そういうことに流されて、

気づくと悪い方向に流れが向かっていったりする。

その流れを変えるには、

常に自分と向き合い、「整える」を意識することが

必要なのではないかと思います。

 

合気道の先生・お坊さん・株式会社 森の社長・医師

4人とも、自分が携わってきた仕事の中で、

その「整える」方法を模索している気がしました。

 

プロの4人が考える無意識の整え方。

様々な経験を経てから感じたことだと思うので、

私もその中からひとつでも取り入れて、

「無意識」を整えたい、そんな風に感じた1冊でした。

 

乗り切れるかどうかは自分の気持ち次第 -8か国の超わがままエグゼクティブに学んだ世界一打たれ強い働き方 -

最後は自分の気持ち次第

今日の読書日記は、先日生まれて初めて当選した献本のこの本です。

 

8か国の超わがままエグゼクティブに学んだ世界一打たれ強い働き方

フラナガン裕美子

8カ国の超わがままエグゼクティブに学んだ 世界一打たれ強い働き方

 

いくつかの会社を転職し、

その都度出会った様々なタイプの上司と

どう付き合い、どう乗り越え、どう強くなったか

が書かれているこの本。

最終的には「その人の気持ち次第」というところはあるのですが、

とはいっても、折れないための様々なコツが書かれた本です。

 

世界には超わがままな上司がたくさん!

この本を読んでまず思ったのは

「世界の一流、トップに立つ人は、人にも自分にも厳しい」

ということ。

私はここまで厳しい上司の元で働いたことがないので、正直驚きました。

自分に優しく、人に厳しい

という上司にはついていこうと思いませんが、

どんなに厳しくても結果を出している人であれば、

認めざるを得ないところもあるのかもしれません・・・

 

折れるか折れないかの違い

心が折れるか折れないか、

どんなに厳しくても、やり続けられるかられないか、

これはひとことで言ってしまえば

心の持ち方・受け取り方

著者のフラナガンさんはとにかく前向き!!!

よくこの状況でそう考えられたなぁとひたすら感心しました。

若い頃に胃から出血するまで頑張ったが、

円形脱毛症になって仕事を辞めた

 とありましたので、

そこまで頑張れる元々の心の強さもあったのかもしれません。

でも、彼女は

文句を言われない仕事をする

を徹底していると感じます。

自分にも自信があり、どんな上司にでもきちんと自分の意見を伝えられる

アサーティブというのはこういうことを言うんだろうと思います。

 

著者の受け取り方

本の最後にこんな言葉が書いてありました。

起こることには全て意味がある

Everything happens for a reason

「なんでこうなるの?」

「私ばっかりどうして?」

と被害者意識を持つのではなく、

「これは私のために起こっていること!!」

と前向きに受け取ることが大切であると著者は書いています。

フラナガンさんが乗り切れた大きなポイントはここにある

そう感じました。

 

また、

挫折や失敗を知らない人が「デキる」人になれるはずがない

とも書かれていました。

  • 失敗したから見えること
  • 怒られたから学ぶこと

心が折れるまで耐えるのはよくない。

でも耐えるのではなく、学ぶと考えれば、

毎日起こる様々なことを前向きに受け取れるのではないでしょうか。

あるところでは踏ん張るというのも人生には必要なんじゃないか、

そんなことを感じた1冊でした。

 

 

 

幸か不幸かは自分が決めているからこそ・・・

自分らしくいることが幸せ

いろいろな本を読んでいて最近思うことが、

人は誰でもすごくシンプルに幸せになりたい

って思っているんじゃないかということ。

「別に自分は幸せになりたいと思わない」

と口にしている人でさえも、

なんとなく自分が「楽しい」と感じることを

探していると思う。

 

私がBlogのタイトルを

「自分が自分でいるために」とつけたのは、

私の考える幸せが、

自分が自分らしく生きられているなぁと日々感じられること

だと思ったから。

そのために自分は何をしているか、

何を考えているかということを書き残すことで、

もし同じように悩みや不安がある他のどなたかが

私の書いたことを読んで元気になれたら嬉しい、

そんなことを思っていたなぁと改めて思い出しました。

 

自分の気づいていないところに働きかける

ちょうど1か月前、こんな本の読書日記を書きました。

「感謝」で思考は現実になる

とにかく感謝しまくると、引き寄せ効果があるよというもの。

 

その後、慶応義塾大学の前野先生の「受動意識仮説」の本を読んだり、

小林正観さんの「ありがとうの法則」について読んだりしました。

 

そして今はこの本を読んでいるのですが、

潜在意識をとことん使いこなす

 

やっぱり自分の「意識していない」ところに働きかけることが大切

と書かれています。

 

この本、まだ読み途中なので読書日記は後日書きますが、

自分が発する言葉、イメージというのは、

自分の潜在意識に働きかける、

だから幸せになりたければ

よいイメージ、なりたい姿、

そして感謝の気持ちを言葉にして発することは

とても大切だと書かれています。

 

この前始めた千年ノートは、

まさに潜在意識に働きかけるひとつのツール。

楽しかった思い出を思い出す、

なりたい姿をイメージする、

ノートを開けばいつもそういった楽しいことに会うことができれば

自然に潜在意識に働きかけるのでは?と思いました。

それに風水のパワーをプラスすれば、

もっともっと効果が期待できそうです。

 

ツールとかやり方はなんでもよくて・・・

私は、ツールとかやり方はなんでもいいかなと思っています。

  • 毎日ありがとうと言いまくる
  • 暗いことばかり流れているニュースは最低限だけ見る
  • ストレッチで身体を緩める
  • とにかく静かに深呼吸
  • 季節を感じる
  • 千年ノートやドリームマップでよいイメージを書いてみる

私が思いつくのはこれくらいですが、

食べるとか行くとかそういうことではなくて、

もっと深いところに働きかけられるような何かが

ひとつでもあれば、

人って結構簡単に幸せになれるんじゃないかなと思います。

 

最近書き忘れていましたが、今日の感謝。

私の身体に合わせたヨガをしてくれるヨガの先生には心から感謝。

お仕事をお願いすると、ささっとこなしてしまう同僚の彼女に感謝。

こんなきれいなカラーを咲かせてくれる母に感謝。


f:id:chiaki-s:20170524015153j:image

一歩づつ

最近の私の楽しみは、週末のボルダリング

足元が安定せず、

自分の力だけを頼りに壁に上るスポーツ。

 

高さに恐怖を感じたり、

自分の身体の限界を感じたり、

何度繰り返してもゴールにたどり着けず

いらいらとしたり…

でも、ゴールにたどり着いた喜びは

何とも言えない感覚、

子供の頃に自転車に乗れたあの喜びが沸いてきます。

 

f:id:chiaki-s:20170523004929j:image

 

初めてから3ヶ月。

ほんの少しだけ、身体の使い方がわかってきて、

のぼれるコースも増えてきた。

インストラクターさんによると、

大人になると「ここに力を入れて」と言われても、

その部分だけに力をいれることができず、

全身に力が入ってしまうそうです。

壁を楽にのぼるためには、

力をいれるところ、抜くところを

使い分けることなんだとか。

腕の力は緩めて、足は力強く踏み込む

と言われたときに、

全身にガチガチに力が入っていた私。

でも少しづつ意識するだけで、

身体が反応するようになってきたのがわかり、

のぼれるようになったコースも増えました。

 

この意識の持ち方は、普段でも同じだと思います。

いつも全力で走っていたら、

当然息切れして長く続けることはできません。

力の入れ方を切り替えていくこと、

これは結構重要なことだと思います。

 

40を過ぎてから、

こんな風に自分と向き合えるスポーツに出会えてよかったなと思います。

まだまだ先は長いので、

ゆっくりでも一歩づつ、

のぼれる壁を増やしていきたいと思います。