読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも心に太陽を~自分が自分でいるために~

自分が自分らしくいられるためにしていることを綴っています

MENU

超!!スパルタ ボルダリングレッスン

超スパルタボルダリングレッスン

昨日は「ボルダリングをやりたい!」という友人とボルダリングジムに行き、

超スパルタレッスンを受けてきました。

このレッスン、初心者用の無料のものだったので、

15分くらい簡単なレクチャーがあるくらいだろうな・・・

と思っていたら大間違い!!

 

「こらー!」

「何聞いてんだー!」

「ちがーーーーう!」

と、わかーいお兄さんから怒られまくる

超スパルタレッスンだったのです。

 

f:id:chiaki-s:20170430074151j:plain

言われていることは簡単なはずのに・・・

レッスンを受けたのは、約15名。みんないい年齢の大人たち。

まずインストラクターがボルダリングの基本である3つの登り方を説明。

その後先生が4つのホールド(掴む石)を指定して、

説明した登り方で登ってみるというもの。

 

まず・・・壁の前に立つと

最初に掴む石ってどれだっけ・・・?

すると

「こらーーーー、

どうしてそこから始まるんだーーー!!!」

と怒られます。

そして登り始めると、説明を受けたはずの登り方、

身体の使い方がさっぱりわからない。

「足の向きがちがーーーーーう!!!」

と怒られまくって、そのうち腕の力がなくなり壁から落ちる・・・

 

こんなに怒られたことっていつ以来?

と思うほどとにかく怒られまくりました。

※ちなみに、受講したうちのほぼ全員が怒られていました。

 

説明を受けた通りに身体が動かないこともショックでしたが、

指定されたホールドがどれだったかが

わからなくなってしまうというのがかなりのショック。

 

そして他の人が登っているのを見ながら、

「できる気がしない・・・」とつぶやこうものなら、

「できないからやるんじゃーーーー」

とまた怒られ・・・

弱音もはけないレッスンだったのです。

 

1時間後には・・・

とにかく怒られまくり、全然思うように登れなかった私ですが、

なんと、1時間後には説明されたうちの

超基本である登り方のコツを掴みました。

子供の頃に自転車に乗れた時の感覚、

あれがあったんです。

いやー、嬉しかったです。

今までは、あと少しというところで手がとどかなかったホールドに

あっという間に近づき掴むことができるようになったこと。

そして同時に高さに対する恐怖も少しなくなった気がしました。

 

最後には褒められた!!

とにかく口が悪く、怒鳴りまくりのインストラクターでしたが、

感覚をつかんだ私を見て

「いいねー、いい感じだよーーー!!」

と最後には褒めてくれました。

まさに飴と鞭、嬉しかったです!

 

考えてみればこのレッスン、

無料なのにあそこまで熱く教えてもらえるってありがたいなと思いました。

できないことをできるように説明するって、

すごくパワーがいるし難しい。

それを1時間以上熱く語ってくれたわかーいインストラクターの

お兄ちゃんには感謝です。

 

大人になってからこんなに怒鳴られまくったのは初めてかも

と思うような時間でしたが、

最後にはゲラゲラ笑い、超楽しかった!で終わった1時間でした。

 

ボルダリング挑戦への気持ち、

当分飽きずに続けていけそうです。

 

f:id:chiaki-s:20170430075120j:plain