読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

人口オーナス期とワークライフバランス

ワークライフバランス セミナー&講習会

人口オーナス期とは

昨日ワークライフバランスの勉強会に参加して、

ワークライフバランス

「自分のありたい姿であるために

どのように時間を使っていくか」

ということを書きました。

 

chiaki-s.hatenablog.com

 

しかし、実はそういった理想を考えるよりもっと切実に

ワークライフバランスを考えなければいけない理由がある

ということも昨日の勉強会で聞きました。

 

「人口オーナス期」という言葉、

私も昨日初めて聞いたのですが、

オーナス(onus)とは、重荷・負担

という意味ということなのですが、

人口オーナス期とは、

  • 少子高齢化が進む
  • 人口に占める働ける人の割合が減る
  • バリバリと働ける年代の人口が減る

という状態のことだそうです。

まさに、今の日本がこうなってきている

ということなのです。

 

f:id:chiaki-s:20170209015004j:plain

 

何が売れるか?

この人口オーナス期の逆の状態が「人口ボーナス期」というそうです。

人口ボーナス期とは、以前の日本。

たくさん作れ、作れば売れるぞという状態。

私たちが子供の頃はそういった状態だったと思います。

でも今は、物やサービスは飽和状態になっているし、

作れば売れる時代ではないわけです。

 

では今は何が売れるのか?と考えると、

自分にとって本当に価値あるもの

なのではないかと思います。

 

価値あるものを売るとしたら、

イデア・工夫が必要になってくる。

イデアや工夫は、

「長時間働けばいいものが出てくる」というわけではないのでは

ないでしょうか。

 

f:id:chiaki-s:20170209015245j:plain

 

仕事以外にもやらなければならないことがある

高齢化が進むと考えなければならないのが「親の介護」。

私の周りでも、介護のために会社を遅刻・早退したり、

やむなく離職した男性がいらっしゃいます。

 

これまでは、「女性が育児のため」に仕事とプライベートを

両立させるというのが一般的でしたが、

今後は男性も「親の介護」で仕事の調整をすることが必須になってくるのです。

 

誰でもが意識しなければならないワークライフバランス

  • 価値あるものを作って売る
  • 親を介護しなければならない

 

この2つのキーワードだけ考えても

ワークライフバランスは必須となってくるわけです。

 

ワークライフバランスを進めようとする場合は、

自分たちだけではなく、

周りも一緒にやって欲しい、

他の会社もやっていたら取り入れやすい

とおっしゃられている方が多いようです。

 

今の日本の状況をよく知って、

みんなでワークライフバランスについて

早急に考えていかなければならないと思います。