読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

自分ねぎらいレター

今日はねぎらい学アカデミー

今日は2週間に1度のねぎらいアカデミーの日。

 

ねぎらいアカデミーとは>


前回の授業の時の宿題は、

  1. 自分ねぎらいをしてみる
  2. 自分へのねぎらいレターを書く

の2つでした。

 

 

ねぎらいレターを書いてみた

昨日家族が寝静まってから集中して40分。

自分へのねぎらいレターを書いてみました。

 

f:id:chiaki-s:20170313093545j:plain

 

「自分へのねぎらいなんて言葉にしたことがないし

自分に手紙なんて書いたことにないし

書けるんだろうか・・・」

と思っていましたが、

思っていたよりスラスラと書けました。

 

改めて自分をねぎらうって、

普段の生活ではなかなかありません。

でも

手紙を書く

→ 文字にする

→ 読み直す

をやってみると、

じんわり心にしみるものがありました。

 

先生がいつもおっしゃっていること。

まずは自分へのねぎらい

大切にすること。

 

何かを買ったり

何かを食べたり

どこかに行ったり

というご褒美ではないほんとのねぎらい

 

誰もいない静かな時間に

自分と向きあい、

自分へのねぎらいレターを書く

これは自分ねぎらいのひとつの方法なのかなと感じました。

 

自分ねぎらいの方法を知っていれば、

他の誰かにねぎらってもらわなくても、

自分で自分を元気にすることもできるんだな

と思いました。

 

 

手書きの日記・・・

そういえばふと、

小学校の6年生から中学生の頃、

ノートに「日記」を書いていたことを思い出しました。

 

f:id:chiaki-s:20170313093656j:plain

 

何を書いていたかははっきりと覚えていないけれど、

誰にも見せないその日記には、

結構素直に自分の気持ちを書いていたと思います。

 

誰に伝えるわけでもなく、

自分自身に問いかけてみる

子供の頃そんなことをしながら

自分のバランスをとっていたのかもしれません。