読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

読書日記「「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。―オーラが良くなる読書術 」

2017年読書日記

その20

ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。―オーラが良くなる読書術

清水 克衛

 

「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。―オーラが良くなる読書術

 

最近「神社」の本が人気ありますが、

私はあえて「ブッダ」を読んでみました。

 

以前より何度か書いている

「読書のすすめ」という書店の店主清水さんの本です。

 

清水さんの本はこれで3冊目ですが、

どの本も読んでみるととにかく元気になります。

清水さんの商いの精神は、

「泣かす、笑わす、驚かせる」

「ありがとうといってもらえるようなことをする」

ということ。

「ありがとう」を言うことは簡単だけれど、

言ってもらえるように行動するのはなかなか難しい。

それに、「ありがとう」と言ってもらえなかった時に、

恩着せがましく「やってあげたのに」精神が生まれやすいと思います。

そうではなく、心から誰かのためと思い、

日々お客様のためによい本を探し

アウトプットを続ける清水さんのことは本当に尊敬します。

 

この本には清水さんオススメの本が何冊も紹介されています。

どれも読んでみたい本ばかり。

 

清水さんによると、

夜寝る前に読む本は元気になる本がいいらしいので、

清水さんオススメの本を何冊か枕元に置いて

少しづつ読みたいなと思います。